夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋- 2016-06-12-Sun



ジャンル:ホラー
製作年:2016年
初公開年月:2016/01/30
製作国:日本
配給:松竹
上映時間:107分
監督:中村義洋
原作:小野不由美
出演: 内結子 橋本愛 坂口健太郎 滝藤賢一 佐々木蔵之介 山下容莉枝 成田凌 吉澤健 不破万作 上田耕一

怪談雑誌で読者の体験談をもとにした短編を連載している小説家の「私」。ある日、読者の女子大生・久保さんから“今住んでいる部屋で奇妙な音がする”という手紙を受け取る。興味を持った「私」は彼女と連絡をとり、一緒に調査を開始する。すると、そのマンションでは他にも不思議と人が居着かない部屋が存在した。しかも過去の住人たちが、引っ越し先で不可解な死に遭遇するケースがたびたび起こっていたことも分かってくる。そこで「私」と久保さんは、作家の平岡芳明や心霊マニアの三澤徹夫、「私」の夫でミステリー小説家の直人らの協力を得て、さらなる調査を進めていくのだったが…。

奇妙な「音」の謎は、
その部屋の「過去」につながる――。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

読者の不思議体験の投稿をもとに小説を書いてる「私」女子大生の読者から今住んでる部屋で奇妙な音がするという手紙をもらう。
何度かやり取りして私は興味を持ち、部屋の調査を始める。周りでも不可思議な体験をしてる住民も居てて、土地そのものに何かあるのでは?と考え始め調査する。
女子大生は部屋を変わり怪奇現象から解放されるけど、サークルがミステリー研究とかで彼女をはじめ不思議な事が大好きな面々が加わっていきながら調査は古い時代へと移行していく…その話は、あちらこちらで聞いた怪談話なんかともつ繋がっていくんですよね。
恨みはしつこいと言うか…根深くって原点もなんで自分は恨んだんだろう?って事すら忘れてしまってたりしてね。
人は怒りや恨みが大きくなると怒りや恨みに思いが簡単に飲み込まれるから…
あの怪奇現象はこれが原因だったんだ~でも、その原因を起こした人も怪奇現象にあってて…と古い恨みに飲み込まれてた感じです。
そして霊でも妖怪でも妖精?だって見える人、感じる人が大好きだよね。存在を認めてもらって自分が自分であるわけで…感じない人の周りをなんぼウロウロしても気が付かなければ無いのと一緒だもん。
だから話したら、聞いたら恨みは感染するんですよ。だってその現象を認めることなんだもん。

この手のホラーは苦手です。でも、映画館で見ようかな?って迷ってたの。見なくって良かった~

そうそう、調査してた面々ですが女子大生が引っ越し先でも音がするなんて事を言い出して調査は終わります。だけどそれぞれのの人々に感染してました…って感じで終わってます。

CATEGORYレンタル Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« ジュラシック・パーク | ホーム | 風邪 (ふうじゃ) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |