夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ブラック・スキャンダル



ジャンル:ドラマ
原題:BLACK MASS
製作年:2015年
初公開年月:2016/01/30
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:123分
監督:スコット・クーパー
原作:ディック・レイア
『ブラック・スキャンダル』(角川文庫刊)
出演:ジョニー・デップ ジョエル・エドガートン ベネディクト・カンバーバッチ ロリー・コクレイン ジェシー・プレモンス ケヴィン・ベーコン ピーター・サースガード ダコタ・ジョンソン コリー・ストール デヴィッド・ハーバー ジュリアンヌ・ニコルソン アダム・スコット ジュノー・テンプル


1975年、サウスボストン。アイリッシュ系ギャングのボス、ジェームズ・バルジャーは、イタリア系マフィアと激しい抗争を繰り広げていた。一方、弟のビリーは、州の有力政治家として活躍していた。そこに、バルジャーの幼なじみジョン・コノリーがFBI捜査官となって戻ってきた。折しもFBIはイタリア系マフィアの掃討を目標に掲げており、功名心にはやるコノリーは、バルジャーにある提案を持ちかける。それは、バルジャーがFBIの情報屋となり敵の情報を流す代わりに、FBIは彼の犯罪を見逃す、という驚愕の密約だったのだが…。

暴かれる!FBI史上最も黒い闇

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

新しいく来たテレビ&レコーダーで鑑賞!途中で止らないのはやっぱり良いわ~って当たり前なんだけどね。
画質の違いってイマイチ判らないんですが…どっかで調整が出来るんだろうね?きっと。不便が無いから放置。

今作は入院中に上映されてて見たかったけど映画館で鑑賞できず、レンタル解禁で早々に見ました。
なんだか新しいジョニー・デップって感じがしました。

物語は実話ベースなのですが、こう言う癒着というか…それも問題だけど、なんだろう?同じ環境に育ってもFBIになったり議員になったり犯罪者になったりするんですね。そして下町で育った彼らの絆は強かった…けど、善悪が絡むと悪い方向だよね。

町のチンピラなんだけど何故か町の人たちに慕われてるジェームズは冷酷な面も持ってて随分と複雑な性格なのかも知れませんね。
彼の弟ビリーは政治家として活躍。ビリーの同級生で子供のころにジェームズに助けてもらったジョンはFBI捜査官、そして故郷へ赴任してきた。彼は友人のビリーと出会い、兄ジェームズの持つ情報を流せないかとコンタクト。ジェームズは邪魔だと思ってた敵対する相手の情報を流すことによって犯罪を見逃す密約をする。情報屋をもって適当に泳がせるっていうのは或ることなんだろう…ジョンの上司は絶対に殺しだけはダメだと釘を刺してましたが、そんな事を聞くジェームズじゃ無い。
彼は我が息子を溺愛してたけど、病気で亡くし、それからは悪に締まる一方、FBIからは追われないし勢力は拡大していく。
ジョンはジェームズがやってることを知ってるのに見逃す…悪いことだとわかってるんだろうけど彼らの絆のほうが強かったのかもね?!そしてジェームズとビリーの母親がなくなりジェームズはさらに悪に染まるのだけど、ジョンの上司が変わり状況が一変する…

彼らに関わった人々の取り調べで物語は進行してます。冷酷なジェームズだけど3人の絆はすごく固くって…これが犯罪がらみでなければ…なんて思いました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー