夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

マニアック





ジャンル:ホラー
原題:Maniac
製作年:2012年
初公開年月:2013/06/01
製作国:フランス
配給:コムストック・グループ(配給協力 クロックワークス)
上映時間:89分
監督:フランク・カルフン
出演:イライジャ・ウッド 、 ノラ・アルネゼデール 、 ジュヌヴィエーヴ・アレクサンドラ 、 リアーヌ・バラバン 、 アメリカ・オリーヴォ 、 モルガンヌ・スランプ 、 ジャン・ブロバーグ 、 ノラ・アルネゼール 、 ジェヌヴィエーヴ・アレクサンドラ


ロサンジェルスで両親からマネキン店を継ぎ、マネキンの修復師として暮らすフランク。幼い頃のトラウマから生身の女性を愛せなくなった彼は、夜の街を彷徨い、若い女性ばかりを狙って残忍な殺人を重ねていた。彼は死んだ女性たちの頭皮を剥いで持ち帰り、自分のマネキンたちにかぶせては悦楽に浸るのだった。そんなある日、アンナと名乗る女性カメラマンがフランクのマネキンに興味を抱き、作品のモチーフにしたいと申し出る。個展に向けて準備に余念がないアンナに協力する中で、生まれて初めて生身の女性に好意を抱き始めるフランクだったが…。

傷つけなければ、愛せない。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

なんでこんなバリバリのホラーを借りてしまったんだろう?
始まった瞬間、これはマズイ…とパソコンをしながらのながら見をしました。直視は無理だわ…微妙にぼかしは掛かってたけど。
それでも見るって言うのも根性あるのか?しかもパソコンの不具合で途中で止まるし…グロいシーンで止まらなかったことが幸いですね。

面白いなぁ~と思ったのは視点が殺人鬼なんですよね。目線もそうで俗に言うPOVです。ただ画面は揺れが酷いとかも無かったですね。
本人は鏡に映った瞬間しか登場しません(笑)常に彼が見てる風景や女性たちです。

冒頭からやっちゃってくれます。犯行現場を立て続けて見せてくれますが、頭皮をはがしちゃうんですよね~それを持って帰ってマネキンにかぶせて遊んでます。洗ったりしないのでハエとかブンブン飛んでて…もう嫌( ;∀;)
幻想と、虐待を受けてた頃の回想と、何かのキーワードで起こる片頭痛が大変そうでした。
そんな彼はマネキンを修復する仕事をしてます。そこへ一人の女性カメラマンが現れ、彼の仕事を理解してくれるんです。
ちょっと恋しちゃったかな?でも、彼女のほうはお友達しか見てません。何せ彼をゲイと思い込んでるから…
そんな彼女を我が物にしたいけど、接し方が全く分からない?ただマネキンと言う接点だけなんですよね。
そして彼女には彼もいてる訳で嫉妬しちゃったりね~彼女の個展で合った女性に馬鹿にされちゃって、殺人を結構。
悲しむ彼女の元へ…でも、うっかり口を滑らしちゃって…彼女と格闘を起こすことになります。
ラストがエグいんですよ、これがまた|д゚)
時間が短くって良かった~な限りです。
ただ彼の場合は快楽とかでなく母親の責任で心が病んでしまった感じで、それはそれでちょっと気の毒かも知れないけどね。それでも行った行為は問題外です。

映像には時々しか映りこまない殺人鬼をイライジャ・ウッドが演じてましたが怖いかったです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター