エンド・オブ・キングダム



ジャンル:アクション
原題:LONDON HAS FALLEN
製作年:2016年
初公開年月:2016/05/28
製作国:イギリス アメリカ ブルガリア
配給:ショウゲート(提供 クロックワークス=博報堂DY ミュージック&ピクチャーズ)
上映時間:99分
監督:ババク・ナジャフィ
出演:ジェラルド・バトラー アーロン・エッカート モーガン・フリーマン アロン・モニ・アブトゥブール アンジェラ・バセット ロバート・フォスター ジャッキー・アール・ヘイリー メリッサ・レオ ラダ・ミッチェル レア・バニングシャーロット・ライリー ワリード・ズエイター ショーン・オブライアン


ホワイトハウス陥落の悪夢から2年。英国首相が不可解な死を遂げ、ロンドンで葬儀が執り行われる。米大統領はじめ世界各国の首脳が葬儀に参列するためロンドンに集結する。ところが、厳戒態勢のロンドンで同時多発テロが勃発してしまう。西欧諸国の首脳が次々と犠牲となる中、米大統領はシークレットサービスを務めるマイク・バニングの素早い対応で辛うじて現場から避難することに成功する。その後非常事態宣言が発令されたロンドンで、100人を超えるテロリストの攻撃から大統領を護り、ここから脱出させるために決死の戦いを繰り広げるマイクだったが…。

『エンド・オブ・ホワイトハウス』待望の続編!
今度の標的は、“世界”


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
エンド・オブ・キングダム

出演者も状況も同じで物語は違うんだけど…続編です。今作だけ見ても十分に理解できます。
昨日、前作はAmazonプライムだと無料鑑賞できたのでながら見をしたので、解りやすかったくはありました。

シークレット・サービスで前回のホワイトハウスの危機に大活躍したマイクはもうすぐパパになる予定。子供のために危険な仕事を引退したいと考えてる。今日も休暇中なのにお呼び出し…ホワイト・ハウスに行ってみれば、イギリス首相が急死したために同盟国のトップは葬式へ向かうことになる。そこにマイクも付き添うことに…
イギリスには各国の首相が集まってきてる、そんなさなかにあちらこちらでテロが勃発。弔問に来てた各国の首相たちも次々に巻き込まれることに。アメリカ大統領もしかり、だけどマイクが必死で大統領を守る、
カーチェイスに銃撃戦にヘリにといずれも派手で見ごたえは満点です。前作よりもこの辺りははるかに進化してて優れてました。
とにかくマイクは大統領を必死で守るんだけど連れ去られてしまう。それでも必死に取り戻そうとするのが凄いですね。
同時テロには内部の人間が関与しなきゃ不可能と言う事でホワイトハウスからの指令も無い、通信機器もダメになってるし傍受されてるし、どないするねん!な状況でした。

ただ結局は助かるんだろうなぁ~なんて思えちゃうので…先読みというか…ダメですね~

テロの主犯は武器商人なんだけど家族を目の前で殺されちゃう。それは西欧連合の合意のもとの制裁だったんだけど、自業自得なんだけど復讐と言う鬼を作り出してしまうことに…だけど、あんだけよく人が集められたなぁ~なんて思うんですよね。まるでイギリスは戦場のようになってしまいました。

仲間が次々に死んで、誰も信用できない、大統領は守らなあかんし、マイクはとにかくすごかったです。
でもね~なんだろう、誰が悪いんだ?って突き詰めて考えるとモヤモヤ感が残っちゃいました、

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード