夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

マクベス



ジャンル:ドラマ
原題:MACBETH
製作年:2015年
初公開年月:2016/05/13
製作国:イギリス フランス アメリカ
配給:吉本興業
上映時間:113分
監督:ジャスティン・カーゼル
原作戯曲:ウィリアム・シェイクスピア
出演:マイケル・ファスベンダー マリオン・コティヤール パディ・コンシダイン ショーン・ハリス ジャック・レイナー
エリザベス・デビッキ デヴィッド・シューリス


激しい内戦で荒廃したスコットランド。ダンカン王に忠誠を誓うグラミスの領主マクベスは獅子奮迅の活躍で反乱軍を撃退、戦友バンクォーとともに戦場を後にしようとした時、彼の前に3人の魔女が現われ、マクベスがスコットランド王になると予言する。やがてマクベスは、夫の王位獲得に執着する夫人からダンカン王暗殺の計画を吹き込まれる。一度は覚悟を決めるも、やはり罪悪感から決行をためらってしまうマクベスだったが…。

夫が王になった時、
2人の運命が狂い出す。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



05 マクベス


新解釈も多少はあったけど、特に何かを特別に訴えるとかひねりがあるとかは思わなかった。
随分、舞台を意識した作品に仕上がってたと思う。風景の変わり方、独白シーンなど舞台だとこうなってるだろうな?的イメージができた。
物語は清廉潔白で忠義もあったはずのマクベスが預言者の戯言で心が沸き立つというのか?でも、預言されたとき、彼は嬉しそうで無かった。そして預言が叶うなら何もせず運命に身を任そうと考えてた…だけど、それを妻が許さなかった。心を悪魔にしてほしいと願う妻にそそのかされ現王を殺す。
王になったマクベス、妻はそれだけでご満悦だったが、預言者たちがマクベスの友に贈られた預言に神経過敏になる。そして彼は悪魔になっていく…恐怖で政治を国を治めようとしたマクベスに対して今度は妻がストップをかけようとする。
きっかけを作ったのは間違いなく妻のあんたやん!って思うんだけどね~女って…
マクベスは眠ることを忘れ神経が逆立っていく、幻覚を見る。そんな様子を見て妻は後悔するけど…後の祭り。結局は自分は一緒に責任を負うことを拒絶してしまったのか?心が絶えれなかったのか?

預言者とは何者か?マクベスが作り出した心の闇なのか?
人の心は残虐でもあり脆くもありですね。

英語の理解力がないのでなんとも言えませんが字幕はそれなりに難解で詩的な言葉が綴られてたと思います。
文字数もあるから大変そう!ベテラン起用で正解かな?

配給が吉本興業であることびっくり!舞台という意味では同じ土俵なのかも知れない。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター