夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ちはやふる -上の句-



ジャンル:ドラマ
製作年:2016年
初公開年月:2016/03/19
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:111分
監督:小泉徳宏
原作:末次由紀
『ちはやふる』(講談社「BE・LOVE」連載)
出演:広瀬すず 野村周平 真剣佑 上白石萌音 矢本悠馬 森永悠希 清水尋也 久家心 山田瑛瑠 加部亜門 坂口涼太郎 田村健太郎 上村海成 萩原利久 三村和敬 津嘉山正種 松田美由紀 國村隼


小学校時代、転校生の綿谷新から“競技かるた”を教わり、その魅力の虜になった綾瀬千早。幼なじみの真島太一を巻き込み、3人は競技かるたを通して強い絆で結ばれていく。しかし小学校卒業とともにバラバラとなってしまい、家の事情で故郷の福井に戻った新とは遠く離ればなれに。かるたを続けていれば新と再会できると信じる千早は、高校に入るとすぐに“競技かるた部”の創設に乗り出し、高校で再会した太一を再び巻き込み、2人で部員集めに奔走する。やがて古典大好き少女・大江奏、経験者の“肉まんくん”こと西田優征、秀才の“机くん”こと駒野勉の勧誘に成功し、ついに千早悲願の競技かるた部が産声を上げるのだったが…。

強くなる――
青春ぜんぶかけて


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


05 ちはやふる -上の句-


前後編で続けて鑑賞。それができる時間帯で上映時間を設定してくれた映画館に感謝!
もやもやが残ってしまう前編、続けて続編を鑑賞できるってスッキリしてよいな~64も同じように見たいと、希望(笑)

評判が良かったので見ようと思った。うん…冒頭で鳥肌がたった!好みだった。でも漫画が原作なんですよね。
それぞれのキャラクターがよく描かれててよかった。主役の千早もよいけどサブのメンバーに感情移入。特に机君の存在が好き。

さて高校生活もスタート、公立高校で全員がクラブ参加必死らしい。そこで今年の新入生の千早はカルタ部の創立を目指す。幼い頃から近所の教室に通い必死で腕を磨いてた。そしていつか幼いころに離れてしまった新とまた出会うことを夢描いてる。
そこへ私立の中学校に行って離れてしまったもう一人の幼馴染が同じ高校に通ってることを知り一緒にカルタ部を作ろうと誘う。クラブに公認されるのは最低でも5人が必須で、勧誘に勤しむことに。そこにはもう一人の経験者の肉まんくんと呉服屋の娘で着物と百人一首をこよなく愛する奏ちゃんが協議カルタの事をあまり知らずに入部。そしてどこにも所属したくないけど校則だからと仕方なく入試で2位だった机君が入部。3人の経験者と2名の初心者は全国大会を目指す!

奏ちゃんは百人一首の意味に深く知識があり、よい戦力。机君は初めて仲間ができ戸惑いつつも仲間でいることが素晴らしいと気が付く。幼馴染の太一の千早が目当て、千早はとにかくカルタが大好き!なのかな?不器用で試合が終わったとたんに白目をむいて寝てしまうしちょっとがさつだったりもする(笑)それぞれのキャラが立ってて面白い。
そして競技カルタの激しさや句に込められた意味などを織り交ぜながら仲間として成長していくメンバー。
さらに離れてる新の気持などなど…カルタに青春を思いきりぶつけていく彼らはストレートで感動します。

そして念願の地区大会優勝、喜んで新に連絡すると彼はカルタをやめると言う…

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター