2016_05
16
(Mon)16:10

ベルリン、少女サラの禁じられた遊び




ジャンル:ドラマ
原題:LITTLE THIRTEEN
製作年:2012年
公開情報:劇場未公開
製作国:ドイツ
上映時間:92分
監督:クリスチャン・クラント
出演:ミュリエル・ウイマー 、 アントニア・プティロフ 、 ヨゼフ・ブントシュー 、 フィリップ・クビッツァ 、 イザベル・ゲルシュケ 、 ギザ・フラーケ 、 ヒロン・エリアス・クラーゼ


孤独を抱えながら幸せを探し続ける少女たちを描いたエロスドラマ。13歳のサラと16歳のチャーリーは、チャットで知り合った男たちと刹那的な関係を繰り返していた。ある時、サラは関係を持ったルーカスという青年に本当の恋をしたことに気付くが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
刹那的なんですよね。少女達はネットで知り合った男と簡単に寝て、自らSEX大好きなんて言うんだけど…愛に飢えてるんです。それは彼女たちの親もそうで、これは個人では解決できない問題が山積みな感じです。
サラの母親はSEX依存?マイクという彼氏もちゃんといてるのに、一緒に暮らしてるのに男を見ると我慢できない?娘の彼氏にすら手を出してしまう。マイクもある程度は許容するけど…
そしてサラは片っ端から男と寝てたのにルーカスと知り合ってルーカスに対してだけは一途なんです。でも、ルーカスはHビデオを隠し撮りして売りつけるような奴なんですよね。家はまともな家庭だけど両親は彼に対して関心があまりないようです。
サラの友人のチャーリーの家も悲惨です。母親は育児放棄、幼い弟はほったらかしで生まれたばかりの赤ちゃんはチャーリーが面倒をみてる…だけど母親は夫のDVに悩んでてやっと解放されたところみたいで自分のことで手がいっぱいなんです。
そんなチャーリーもサラと一緒になって男たちと楽しくやってるけど妊娠してしまう…相手には何度も言おうとするんだけどね…
そして彼女たちは学校にも行ってない?チャーリーは仕事を探そうと努力はしてるようだけど、妊娠でそんな気もなくなるよね~
チャーリーの家庭を見てると息苦しい、そしてサラの母親も…切ないですね。
エロスというよりも底辺で生活してる理不尽さというか、抜け出そうともしないと言うかできない状況で底なし沼の中でもがいてるような感じでなんとも息苦しい作品でした。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック