きみはいい子



ジャン:ドラマ
製作年:2015年
初公開年月:2015/06/27
製作国:日本
配給:アークエンタテインメント
上映時間:121分
監督:呉美保
原作:中脇初枝
『きみはいい子』(ポプラ社刊)
出演:高良健吾 、 尾野真千子 、 池脇千鶴 、 富田靖子


桜ヶ丘小学校4年2組の新任教師、岡野。まじめだが優柔不断で、生徒とうまく信頼関係を築けないばかりか、モンスターペアレントにも悩まされる日々。夫が海外に単身赴任中の雅美は3歳の娘・あやねとふたり暮らし。ママ友とはソツなく付き合い、良いママを演じていたが、自宅であやねとふたりきになると、つい手を上げてしまう。独居老人のあきこは、スーパーでお金を払わず店を出てきたところを店員の櫻井に呼び止められ、認知症への恐怖に襲われていく。それぞれに悩みや不安を抱えたとある町の住人たち。やがて人と人とのつながりが生まれたとき、ささやかな希望が芽生え始める。


抱きしめられたい。

子どもだって。
おとなだって。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
抱きしめる、抱きしめられるってパワーがあるんだね。今日、両親を抱きしめてみようかと思いました。
3つの物語。
少し痴ほうの入った一人暮らしのおばあさん、思い出すのは戦争で亡くした幼い弟。近くの小学校の先生が生徒たちがするピンポンダッシュを謝りに来るけどトンチンカンな対応、少しぼけてることを近所の人に聞く。そんなおばあさん、ぼけちゃって近所のスーパーで万引きって…きっとレジを忘れてるんだよね~女性の店員が最初はきついけど、状況を理解して優しく声をかける。

最初に謝ってた先生は新任で怪獣の巣窟の教室であたふたしてる。モンスターなペアレント、無かれ主義な学校体質に不満を覚えながらなじんでいくのかもね?彼女は仕事で忙しい、実家は姉が子供を連れて離婚して帰ってきて、家でまで子供に振り回されてる。
一人の子供はいじめられ、一人の子供は親の虐待にあってる様子…だけどね~学校が重大な親の虐待を見逃す原因がよく分かった気がする。新任先生は必至だけどね…子供が訴えない限り動けない、っていうより動かないんだね。

近所の公園ではママ友が集まってる。嫌な感じの集まりで高飛車そうなママもいてるけど、それよりもわが子を虐待してる母親の話ですね。一人だけあまりなじまない母親がいて、その母親が虐待してる母親を気にしてる感じがする。虐待ママのほうはその母親を少し格下に見てる感じだけどね。虐待ママ…怖い。だけどどう接して良いのかわからないんだろうね。虐待する自分自身を嫌ってました。
でも、実は格下に見られてる母親も虐待を受けてたのよね~だから虐待ママの娘に結構、呼びかけてました、冗談交じりに…
でも格下ママの家にいてるとき、虐待ママはつい家でのように怒り出し、子供は怯えてしまい。そして格下ママが抱きしめたのは子供じゃなく虐待ママだった…
同じように虐待されてても、たとえ他人でもかばってくれる大人がたった一人いてるだけで負の連鎖が止まるのかも?と思えました。

先の認知症のおばあさんは障がい者の生徒と仲良くなる。ある日、カギを無くした生徒を助けてあげて家に招き入れるけど、おばあさんは子供のパニックもなんとも思わず語り掛ける…そして生徒を迎えに母親が来て謝り倒すんだけどね~それがスーパーの店員さんで、おばあさんはとっても良い子と褒めてくれて、母親はなんだか解き放たれた感じでした。

先生は悩んでた…落ち着きのない生徒たちに、そして彼女の浮気現場を見て落ち込んで…そんなときに甥っ子に抱きしめられ癒されるんです。だから生徒たちに家族に抱きしめてもらう事と言う宿題を出す…文句を言いながら宿題をしてくる子供たちがその様子を語る。でも、先生は一人の生徒を思い出し走っていった先は…

親や先生が子供と係ることで成長していくもんなんですね。
どの話もありそうで、そして映画とは違って意外と解決しなくって子供が大人になるケースも多いんだろうな?なんて思いつつ…そして子供の接し方がわからないまま親になるとまた悲劇が再現されるのかな?と思うと切ないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード