夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

クロッシング



ジャンル: サスペンス
製作年: 2008年
初公開年月:2010/10/30
製作国: アメリカ
配給: プレシディオ
上映時間:132分
監督: アントワン・フークワ 、 アントワーン・フークア
出演:リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードル、ウェズリー・スナイプス、ウィル・パットン、エレン・バーキン、ヴィンセント・ドノフリオ、ブライアン・F・オバーン、リリ・テイラー


 ニューヨーク、ブルックリンの低所得者層が暮らす犯罪多発地区。ここで、警官による強盗事件が発生する。マスコミの非難にさらされたニューヨーク市警では、犯罪の取締り強化でイメージの回復を狙う。そんな中、ベテラン警官のエディは定年退職を1週間後に控えていた。日々を無難にやり過ごすことだけを考えて警官人生を送ってきた彼だったが、最後の任務として犯罪多発地区での新人研修を任されることに。信心深く子だくさんの麻薬捜査官、サル。愛する家族のためにどうしても広い新居が必要になるが、彼の薄給ではとうてい資金の工面などできるわけもなかった。長年ギャングへの潜入捜査を続けているタンゴ。もはや結婚生活もボロボロで、捜査から抜けたいと上司に願い出る。ところが、そんなタンゴに、彼の命の恩人でもあるギャングのボス、キャズに対するおとり捜査というさらなる過酷な任務が課せられる。

3人の刑事。1つの事件。
それぞれの正義が交錯する──。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

3人の警官の物語があり、すれ違うも交差する事のない3人が吸い寄せられるように団地にそれぞれの思いを抱えながら集まってくるんだよね。それぞれのストーリーも面白くって切なくってなんだかなぁ~って感じなんです。

定年を間近に迎えた警官は若手警官の教育係へ。だけど一人目は血気盛んで正義感の固まりでそれじゃ身が持たないよ。と教えるんだけど自分は大丈夫なんて過信して挙句に教育係を変更。二人目は穏やかでよく言うことを聞くけど手柄を上げたいばかりに暴走する。責任を取ると言う警官に組織は事なかれ主義を押し付けてくるんだけど頑なになっちゃって?だけど一人ぼっちで閉塞感と言うかなんとも言えない気分で自殺でもしちゃおうかな?なんて思ってたら捜索願の出てた少女が拉致されるのを見ちゃって、一人で助けに行っちゃうんだよね?なんとなく気持ちが解ると言うか…

現場の刑事は熱血で家族思い。だけど奥さんがアレルギーで喘息、しかもお腹には双子ちゃん。3人の子供もいて医師は家の引っ越しを進めるけど、お金がない…何とかしたいと考えるけど無い物は無い、頭金を期日までに払わなきゃ~って強迫観念に囚われてて…仕事中に大金を見てついふらふらするけどセーフ。でも、とことん追い詰められてしまって奪いに行こうとするが同僚に止められて…だけどダメだったのね~向かってしまう。

潜入捜査官は完了時の昇進を目当てに志願したようだけど、命の恩人の逮捕に協力しろと言われ最初は拒否、だけど昇進に釣られてしまうけど、その前に殺されてしまい、復讐に駆り立てられて向かうんだよね…

まるでブラックホールのような場所ですね。3つの事件は繋がらないけど、警官たちはそこへ向かう。

最初はどこで絡むんだろうと思ってましたが、事件そのものは絡まない。でも、警官たちの心情は凄く解ってなんだか切なくって悲しくって…行方不明の少女が助かって良かったなぁ~です。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター