2016_05
02
(Mon)12:20

スーサイド・ショップ



ジャンル:アニメーション
原題:Le magasin des suicides
製作年:2012年
初公開年月:2013/09/07
製作国:フランス ベルギー カナダ
配給:コムストック・グループ
上映時間:79分
監督:パトリス・ルコント
原作:ジャン・トゥーレ
『ようこそ、自殺用品専門店へ』(武田ランダムハウスジャパン刊)
声の出演:ベルナール・アラヌ 、 イザベル・スパッド 、 ケイシー・モッテ・クライン 、 イザベル・ジアニ 、 ロラン・ジャンドロン


不景気で誰もが絶望に囚われた灰色の街。この街で唯一繁盛しているのは老舗の“自殺用品専門店”。どんな自殺の方法にも対応できる豊富な品揃えと、必ず成功する高品質が自慢だった。そんな店を切り盛りするのは主人のミシマはじめ全員が超ネガティブ思考のトゥヴァシュ一家。ところが誕生したばかりの末っ子アランは、なぜか天真爛漫な超ポジティブ思考に育つのだった。

ようこそ、自殺用品専門店へ。ステキな“人生”をご提供致します。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
不景気で絶望が支配する街で繁盛してるのは自殺用品専門店。確実に死を迎えられると評判の店。経営する家族は子供も含めてネガティブ。だけど生まれたアランは笑顔の可愛いベビーでそのままポジティブに成長し家族の中では浮いた存在だった。そんなアランが疎ましく思える父親…そして自殺願望の強い姉やとにかくポジティブな兄、そして両親も商売は成功してるも死の手助けをしてることに悩み苦悩してる。だけど父親は自殺を考え始め精神科へかかる羽目になる。
それでもアランは明るく家族を見守る、姉の誕生日には素敵なスカーフと楽しい音楽をプレゼントしなんとなく心が変わっていく姉…そんな姉だけじゃなく家族を救おうと、あるいは自殺する人を減らそうと、商売の邪魔を子供たちで考えそして実行する。
店の商品は滅茶苦茶になっちゃうけど、そこで姉に愛が生まれ、そんな娘を見て母親の心が解れていく。
だけど父は怒り刃物を振りかざしアランを追うけどアランの気持ちが伝わりようやく心が晴れる。そして店は明るく楽しいクレープ屋さんに代わり人々に希望を与える事になる。

良い意味で?ネガティブな絵が凄く好みでおしゃれ、そして励ましじゃ無い良い言葉がいっぱい溢れてる作品でした。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック