2016_04
27
(Wed)14:43

奇蹟の輝き




ジャンル:ファンタジー
原題:What Dreams May Come
製作年:1998年
初公開年月:1999/06/05
製作国:アメリカ
配給:日本ヘラルド映画配給(松竹提供)
上映時間:114分
監督:ヴィンセント・ウォード
出演:ロビン・ウィリアムズ 、 アナベラ・シオラ 、 マックス・フォン・シドー 、 キューバ・グッティング・Jr. 、 ベルナー・ヘルツォーク 、 ロザリンド・チャオ 、 ジェシカ・ブルックス・グラント


事故で命を落とし、天国へと召されたクリス。彼はそこが、目を奪うように壮麗で、輝かしい楽園であることを知る。天国はかつてクリスが生きた命の写し鏡であり、愛する妻アニーと共有したロマンティックな夢と思い出に満ちあふれた世界だった。一方、地上では夫や子供たちに先立たれた最愛の妻アニーが、ショックに耐えきれずに自殺をしてしまう。その結果、彼女が地獄に堕ちてしまったことを知ったクリスは、アニーを救い出すため、天国から地獄への壮絶な旅に出発する。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ずっと以前に見てる…きっとテレビ放映とかかも?もう一度、どうしても見たいと思ってたけど調べたときはDVD化すらされて居なかった。内容を覚えてるわけでは無く天国の美しさがとにかく印象的だった。

天国と地獄がでてくるのに宗教色は一切ない。天国も地獄も想像に近いにも関わらず…悪魔とか天使とかが出ないから?なのかも?!

出会った瞬間に恋に落ちたクリスとアニー。二人は結婚し子供にも恵まれ幸せな家族、もちろん親子の問題や夫婦げんかもありの普通の家族。家政婦が運転する子供たちを乗せた車が事故にあい、子供たちは二人一緒に他界する。ようやく立ち直った夫婦だったけど、今度は夫のクリスが事故に巻き込まれてて亡くなる。クリスは自分が死んだことに気が付かないけど彼を導く人から現実を教えられ、それでも愛するアニーの側から離れようとしない…だけど側に居る限りアニーの悲しみが消えないと知り天国へ。
その場所は画家だったアニーの描いた場所そのものだった。更に美しい場所も…だけどクリスはアニーが居ないことに悲しみを感じてる。だけどそこへ子供たちの存在がある事を知り、それは意外と身近に居てたことに気が付く…
天国は見たままが本人ではなく姿を変えていくようです?!
そしてある衝撃がクリスに知らされる…それはアニーが自殺した事。また一緒に暮らせると喜ぶけどアニーは自殺したので地獄へ。
そこでクリスはアニーを連れ戻しに自ら地獄へと行く…
地獄は光すらなく人々の苦しさと悲しさがあふれてました。そんな場所へアニーは一人たたずむ、愛するクリスが側に来てもきがつかない。アニーの悲しみは底が深くクリスでは救えないと悟ったときクリスのとった行動は…

天国で家族がそろうなんて素敵。そして生まれ変わりたいと思わない限り留まれるんだって?でも、それならこんな世に出てきたくない人で溢れるんじゃないかしら?だから人口が減っていくのかな?なんて馬鹿な事を想いつつ、天国の美しさは本当に息をのむくらい素晴らしかったです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック