2016_04
20
(Wed)12:31

サード・パーソン



ジャンル:ドラマ
原題:Third Person
製作年 2013年
初公開年月:2014/06/20
製作国:イギリス
配給:プレシディオ=東京テアトル (2014年「サードパーソン」フィルムパートナーズ)
上映時間:137分
監督:ポール・ハギス
出演:リーアム・ニーソン 、 ミラ・クニス 、 エイドリアン・ブロディ 、 オリヴィア・ワイルド 、 ジェームズ・フランコ 、 モラン・アティアス


パリの一流ホテル。新作の執筆のためスイートルームにこもるピュリッツァー賞作家マイケルは、作家志望のアンナとの不倫を楽しんでいた。ローマのとあるバー。いかがわしいアメリカ人ビジネスマンのスコットは、エキゾチックな美女モニカに目を奪われる。そして、誘拐された娘の身代金を紛失したという彼女に手をさしのべる。ニューヨーク。元女優のジュリアは、息子の親権を巡って別れた夫と係争中。多額の裁判費用を工面するため、高級ホテルで客室係として働き始めるが…。

NY、ローマ、パリ。3つの街、3組の男女。
傷ついた魂たちが追い求めていたものとは。すべてが一つになるとき、切ない真実が顔を見せる。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
パリのホテルのスィートルームで新作の執筆をする作家はジャーナリストで作家志望の愛人との不倫を楽しんでる。
愛人に振り回されてる気もするけど彼女は大きな闇を抱えてる…
ローマにはアメリカ人スコットは英語があまり通じずイライラするけど、仕事は無事に終わりバーで飲んでるとロマ族の女と知り合う。
彼女は久々に娘と会えると喜んでるが店にかかってきた電話に出て慌てて帰っていく。一つの鞄を忘れて?残して?
そしてスコットは巻き込まれていく…

NY子供に会いたいが別れた旦那が拒否し裁判費用のためホテルで客室係の仕事を得る元女優のジュリアは約束の時間に遅れたりと素行が問題視されてる。旦那は画家でジュリアが息子におこなった行為がどうしても許せない。新しいパートナーと子育てをしてる。
どうしても子供に会いたいジュリアだけどすれ違う…

三か所での物語はどれも淡々としてます。そして何故か場所が違うのにすれ違う登場人物達。
それぞれがとことん落ち込みますが、ラストは良い方向へ向かい消えていく。

そう、三つの物語は落ち込んで傷ついて後悔しまくってる作家が描き出した物語…
彼の後悔をそれぞれにあてはめ描き、小さな希望で終わる。
愛人との話も現実では無く創造…実在の人物ではあるけど関係は既に終わってた。
ただ一つ彼女の事実を描いて出版したのはある意味、救いたかったからか?

ちょっと長かったけど切なさがにじみ出てる感じがしました。幼い子供を失う…それが自分の過失なら後悔しか生まれず、しかも過失の原因が罪なら特に…作家は元妻に告白しそして許されたのかな?!

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック