マルガリータで乾杯を!



ジャンル:ドラマ
製作年:2014年
初公開年月:2015/10/24
製作国:インド
配給:彩プロ
上映時間: 100分
監督:ショナリ・ボース
出演:カルキ・ケクラン 、 レーヴァティ 、 サヤーニー・グプター 、 ウィリアム・モーズリー 、 フセイン・ダラール 、 テンジン・ダラ 、 クルジート・シン 、 マルハール・クシュー 、 レーヴァティ


生まれつき障がいがあって、車イスでの生活を余儀なくされている19歳の少女ライラ。それでもチャレンジ精神旺盛な彼女は、家族や友人のサポートを受け、笑顔の絶えない大学生活を謳歌していた。ある日、彼女が作詞で参加したバンドがコンテストでみごと優勝。ところが、司会が障がい者が作詞したからと発言し、激しく落ち込む。そんな中、母の計らいでニューヨークの大学に留学できることになったライラ。母と一緒にニューヨークへと旅立ち、やがて刺激的でかけがえのない経験を重ねていくが…。
小児麻痺かな?知的は無いのだけど自分の世話ができないライラはそれでも明るく、大学に通ってる。障害があっても思春期は普通に来るわけで彼女は性に興味がある。仲の良い同じ障害を持つ彼となんとなくまねごとをするけど…結局は何もできないんだろうね?それに愛とか恋とかじゃなく同士って感じの関係だったし。そしてライラは健常者に恋するんだよね。彼女は作詞の才能も有り彼のバンドに提供、コンテストではライラも参加して優勝するんだけど、主催者は彼女が障害者だから…なんていうのよね。
それも彼女は彼に勇気をもって告白するけど…障害が原因かただ単に好みじゃ無かったのか拒絶されてしまう。
そして逃げるようにNYの大学へ。母が察して先回りして段取りしちゃうんだよね~でも、失恋位で逃げるのもどうかな?と思いつつ…
いざアメリカに行くと刺激はいっぱいですね。そこで知り合ったのが視覚障碍者の女性ハヌムと出会い互いに助け合い交流を深めるんだけどハヌムは同性愛者だった。ライラはそれを受け入れ二人は同棲も始める。
だけど男性への興味もあるようで一度だけタイプをずっと手伝ってくれた同級生と関係を持つの…それを言い出せないライラ。

長期休暇には二人でライラの実家インドへ。そこで母にカミングアウトするんだけど、母は余命のある病気にかかってて…でも、母は認めてくれたのよね。そして母の死をみとりライラはハヌムに男との関係を打ち明ける…二人は別れることに…
だけどラストで待つ彼女のデートの相手は、ハヌムに誘われて初めて飲んだマルガリータを飲んで待つのはやっぱりハヌムかな?なんて思っちゃった。

障害者である事は大変だけど、物語は普通の女性の青春そのものだと思います。
そして少し調べたらライラの家庭は発展的だったみたい。両親の出身地も信仰も別みたいだし弟に父親が自分の信仰を強要してない、そして弟の名前にも意外性があるらしいです。そう言う家庭はインドではまだまだ稀みたいなんですが、だからこそライラは疎外感も感じれず育ちバイセクシャルも認めてもらえたのかも知れないですね。
インド映画としては珍しい作品なのかなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード