マリー・アントワネットに別れをつげて



ジャンル: 歴史劇
原題: Les adieux a la reine
製作年: 2012年
初公開年月: 2012/12/15
製作国: フランス スペイン
配給: ギャガ
上映時間: 100分
監督: ブノワ・ジャコー
原作: シャンタル・トマ
『王妃に別れをつげて』(白水社刊)
出演:レア・セドゥ、ダイアン・クルーガー、ヴィルジニー・ルドワイヤン、グザヴィエ・ヴォーヴォワ、ノエミ・ルヴォヴスキー、ジュリー=マリー・パルマンティエ、ロリータ・シャマー、マルテ・コフマン、ヴラジミール・コンシニ、


1789年フランス、パリのベルサイユ宮殿。読書係の少女シドニーはマリー・アントワネットを心から敬愛していた。しかし当のアントワネットは、ポリニャック夫人に夢中。折しも、宮殿の外ではバスティーユが陥落し、286名のギロチンリストが出回っていた。そこにはアントワネットばかりか、王妃の寵愛を受けるポリニャック夫人の名も載っていたが…。


世界でいちばん
残酷な、片想い。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
歴史の一瞬を朗読係のシドニーの目線で描く。
ただ王妃の側に居たいだけなのに巻き込まれていくのね…
朗読係のシドニーは王妃から信用を得てたが、召使の一人でしかなかった。だけどシドニーは王妃の敬愛して全く周りが見えていない状況だった。民衆が飢え苦しんでるが、王室は至って平和で王妃は贅沢を極めてたけど、パリが民衆の手によって陥落したことでヴェルサイユは大騒動になる。逃げ出すのは召使だけでなく貴族たちも…王妃も逃げる心づもりだったけど、王が留まることを選んだ。
彼女は最愛のポリニャック夫人を逃がそうとするだけど、安全を図るために身代わりを立てることに…それがシドニーだった。
彼女はずっと王妃の側に居たい、それが願いだったのに、王妃の願いで傍を離れることになる…

結局はどんなに主を敬愛してもたかが召使の意思なんて全く関係ないですね。だけど王妃から離れたことで彼女は彼女自身からも別れを告げ新しい人生が始まるような気がします。
城の混乱ぶりはかなりリアル、召使の本音とかも、そして蝋燭だけの明かりだとやっぱり暗いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード