リトルプリンス 星の王子さまと私



ジャンル:アニメーション 
原題:THE LITTLE PRINCE
製作年:2015年
初公開年月:2015/11/21
製作国:フランス
配給:ワーナー・ブラザース
上映時間:107分
監督:マーク・オズボーン
原作:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
声の出演: ジェフ・ブリッジス レイチェル・マクアダムス ポール・ラッド バッド・コート マリオン・コティヤール ベニチオ・デル・トロ ジェームズ・フランコ リッキー・ジャーヴェイス ポール・ジアマッティ ライリー・オズボーン アルバート・ブルックス マッケンジー・フォイ


娘の将来を思う母親の押しつけの愛情によって勉強漬けにされていた孤独な9歳の女の子。名門校の学区内に引っ越した彼女は、ひょんなことから隣に住む風変わりなおじいさんと親しくなる。かつて飛行士だったおじいさんが語ってくれる小さな王子さまの物語にすっかり夢中になる女の子。ところがある日、おじいさんは病に倒れてしまう。そこで女の子は、王子さまに会っておじいさんを助けてもらおうと、おじいさんのプロペラ機に乗り込み大冒険へと飛び立つのだった。

あの王子さまに会いたい。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
名門校の受験に失敗した女の子は母親と共に校区内に引っ越し無事に夏休み明けから名門校へ通えることになった。
夫の離婚で母親は一人で娘を育てなければと気合が入り教育ママに。仕事に行ってる時間も娘には分刻みのスケジュールを与える。
女の子は母の期待に応えるべきと感がるのだけど、お隣の風変わりなおじいさんによって邪魔される。
だけど窓から飛んできた紙飛行機の書かれてる星の王子様の物語に女の子は興味を持ち、自らお隣りへご訪問。
そこは火事の危険もいっぱいだったけど、まるでおもちゃ箱のような部屋で、一匹のきつねのぬいぐるみに出会う。
おじいさんの話や遊びは楽しくてワクワク、母親の課題は一切放棄して遊んじゃう。
だけどおじいさんとお出かけしたことで母親にバレてしまう。出入り禁止とか言われちゃうけど、女の子はどうしても星の王子さまに会いたい、会いに行こうとおじいさんを誘うんだけど、物語の結末に不満を感じた女の子はおじいさんに酷いことを言っちゃう。
夏休みもあと一日って時におじいさんが倒れるのを見て、助けてほしくって女の子は星の王子様を探しにく…

おじいさんの飛行機に乗り王子様のシルエットを見て無事に着陸、一路向かうのだけど、そこは大人だけの街だった!
王子様に出会えたけど、彼は子供のころの事なんかすっかり忘れた大人になってた、そして彼女も無理やり大人にされそうになる…

大人になった星の王子さまは空気の読めないちょっぴりダメな若者だったのが凄い現実的な気がして…
でも、女の子によって思い出し、無事に子供にバラの待つ星へ帰ることへ、だけど…

最後はおじいさんと女の子と絆を取り戻し、母親も理解してくれてハッピーエンド。

今作を見てるとなんだかとっても素直になれる気がします。

映画館で見たかったけど、地方のシネコンってほぼ吹き替え上映のみだった…テリトリー内に5つもシネコンがあるのにね(*_*;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード