しあわせはどこにある





ジャンル:コメディ
原題:Hector and the Search for Happiness
製作年:2014年
初公開年月:2015/06/13
製作国:イギリス ドイツ カナダ 南アフリカ
配給:トランスフォーマー
上映時間:119分
監督:ピーター・チェルソム
原作:フランソワ・ルロール
『幸福はどこにある 精神科医へクトールの旅』(NHK出版刊)
出演:サイモン・ペッグ 、 トニ・コレット 、 ロザムンド・パイク 、 ステラン・スカルスガルド 、 ジャン・レノ 、 バリー・アトスマ 、 クリストファー・プラマー


ロンドンに暮らす精神科医のヘクターは、完璧な恋人にも恵まれ、何不自由ない生活を送っていた。ところが、同じように満たされているはずの患者たちの不満や悩みを聞き続けているうちに、自分まで何が幸せか分からなくなってしまう。そこで、本当の幸せとは何かを世界中で調査しようと思い立ち、イギリスを飛び出して幸せ探しの旅を始めたヘクターだったが…。

幸せをさがして
愛をさがして
きみにもどる旅


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
幸せとは?なんなんでしょうね~小さな幸せはその辺りにいっぱい転がってる!って思えるのが幸せなのかも?
人は感情を持てるからそんな事も考える?要はいろんな感情が素直に表現できることこそ幸せ?

精神科医のヘクターは完璧な恋人、仕事も順調で何不自由がない生活。だけど同じ状況のはずの患者たちが不幸だと考えてるのは何故か?そして毎日が同じルーティンに違和感を感じて旅へ出る。
恋人のクララは快く送り出してくれるんだけど…ヘクターが隠してる昔の恋人との写真が気になっちゃってますね。
そしてヘクターは感情をあまり出せてない…彼の感情は子供のままで留まってる?
それにしても彼の旅は面白すぎです。
まず向かったのは中国、飛行機がダブルブッキングでビジネスクラスへ…隣はファーストクラスが取れずに仕方なく座ってる銀行マン。隣のヘクターは落ち着きもなく、更にしゃべりかけてくる。メモ魔のくせに…ペンを持っていなくって借りる羽目に…
だけどそのペンが縁で銀行マンは彼を歓待してくれる。幸せ探しの旅に興味を持ったんでしょうね。彼はお金を使ってヘクターに幸せを分け与える…そして中国人の女の子と知り合うのだけど、とっても良い関係に♪夜は寝ちゃって何もなかったけど(笑)翌日もランチへ誘ったら実は銀行マンがお金で用意してくれた女性と解る…ヘクターは本来の目的の山に登り僧侶と出会い、幸せとは…を語る。
次に向かったのは古い友人を訪ねてアフリカへ。泊まったホテルのバーで知り合ったのは実は悪党の大物だったりしたけど、彼もまた幸せ探しに興味を持って話すうちに妻の精神科でもらってる薬の処方に問題があると教え感謝される。その大ボスにもペンを借りるんだけどそれがヘクターの命を救ってくれるんだよね~友人のありのままの幸せに満足し、飛行機で知り合った現地の女性の集まりに招待され家族で過ごす幸せを知り、その後でのトラブルで生きてるだけで幸せと知る。
最後に向かったのは昔の恋人が住むアメリカのロサンゼルス。彼女は2児の母で既に3人前がお腹の中に、夫との仲も良好だった。
でも、クララはやっぱり昔の女に会いに行ったのか!と怒り電話で喧嘩になってしまう。
ヘクターは有名な教授の講義を聞き、実験に付き合ってる時にクララから電話で本当に幸せを思い知りことになの♪

とっても好みの作品でした♪
ヘクター演じるサイモン・ペッグも好きな俳優さんだったし。幸せはやっぱり身近なところに転がってるんだよ。ね(^_-)-☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード