夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

TIME CRIMES



ジャンル:サスペンス
製作国:スペイン
製作年:2007年
公開情報:劇場未公開
上映時間:88分
監督: ナチョ・ビガロンド
出演:カラ・エレハルデ、カンデラ・フェルナンデス、ナチョ・ビガロンド、バルバラ・ゴエナガ、イグナシオ・ビガロンド


1時間前の世界に舞い戻ってしまった男の顛末を描くSFサスペンス。森の中の一軒家に引っ越してきたエクトルは、ある日気を失っている裸の少女を見つける。その時、突如現れた謎の男に襲われた彼はある施設に辿り着くが、そこは“1時間前の世界”で…


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

すっごい低予算なんだろう…登場人物は4名?しかも一人は監督さんらしい。
森の一軒家に引っ越したエクトルと妻。エクトルは何気に望遠鏡で森を見てたら服を脱ごうとする若い女性が…そこで妻が声をかけてくる。いったん覗くのを止めて妻が出かけたことを確認したら、また覗くんだけど既に女性の姿は無く(*_*;そこで止めておけば良いのに森に入るんです。そこで見たのは真っ裸の女性が気を失ってる?そして後ろからハサミで腕を切られる。
慌てて逃げるエクトルはある施設に入り込む。後を追ってくるピンクの包帯を顔にぐるぐる巻いた男!
施設には人が一人居て無線で安全な場所に誘導してもらい、大きな装置に隠れろと言われ躊躇しつつも隠れる。
装置が開いて慌てて出るエクトルだけど、さっき助けてくれたはずの男が初対面のような対応…なんと彼は1時間前に戻ってた。家には1時間前のエクトルが居てる?!管理者だという男に接してはダメ、過去を変えたらダメだと言われるのだけど、エクトルは動いてしまう。家に向かう途中であの女性を見かけて彼は停まって確認してたら後ろから来た車にぶつけられケガをして手に巻いてた包帯を顔に巻くことに…そう、自分を追いかけてた包帯男は実は自分だった…過去を変えないことに躍起になってたら、今度は妻の運命を変えてしまうことに…彼は何度も過去に戻って結局何人ものエクトルが存在することに!
どう収集つけるんやろ?と思ってたら…結局は一人の犠牲が出てしまうことに…それでよいのか?
ちりばめた複線は解りやすく回収されていくので見てて気持ち良い。ただ過去に返るあたりからちょっと真剣に見てないと意味不明になるかも?!
それにしても美しいものが一切ない。最初の女性は綺麗だったけど…もうおっさんばっかりで(*_*;
尺も丁度良いし同じシーンの繰り返しもないに、意外と解りやすいし面白かったです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー