マーシュランド

  • 2016/03/18(金) 14:39:04



ジャンル:サスペンス
原題:LA ISLA MINIMA
初公開年月:2015/10/17
製作年:2014年
製作国:スペイン
配給:クロックワークス
上映時間:105分
監督:アルベルト・ロドリゲス
出演:ハビエル・グティエレス 、 ラウール・アレバロ 、 アントニオ・デ・ラ・トレ 、 ネレア・バロス 、 サルバ・レイナ 、 ヘスス・カストロ 、 ラウール・アレバロ 、 メルセデス・レオン


1980年。アンダルシア地方の小さな町でふたりの少女が惨殺される。事件を担当することになった刑事のペドロとフアンは、過去にも同様の少女失踪事件があったことを突き止めるが…。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ジメジメした感じの作品です。まぁ舞台は湿地帯なんで街の雰囲気と事件がよくマッチしてます。
姉妹二人の少女が行方不明、捜査のために小さな町に担当する刑事、ペドロとフアンがやってくる。だけど少女たちの惨殺された遺体が発見され、捜査は困難を極める。
調べていくうちに行方不明になった少女が他にも居たことが解るの。そして彼女たちは町のハンサムな青年ニキと付き合ってた。
町は不況で殺伐とした雰囲気でなんとも重い感じです。そして共通の友人が語るおぞましい出来事…
一方、フアンの過去がペドロに解り、微妙な溝ができたりもするのだけど、二人は犯人を追い詰めていく。

いろんな思わせぶりが散らばってるんだけど、犯人はやっぱりこいつか?って思って事件解決に沸き立つ状況で新たな疑惑が生まれそしてペドロが抱いた不信感とわだかまりを持って二人は町を離れていく…
でも、少女一人だけは救うことが出来たのが良かったのかなぁ?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する