夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ナタリー



ジャンル:ロマンス
原題:LA DELICATESSE
製作年:2011年
公開情報:劇場未公開
製作国:フランス
上映時間:109分
監督:ダヴィド・フェンキノス
原作:ダヴィド・フェンキノス
『ナタリー』(早川書房刊)
出演: オドレイ・トトゥ 、 フランソワ・ダミアン 、 ジョゼフィーヌ・ドゥ・モー 、 ピオ・マルマイ 、 アリアンヌ・アスカリッド 、 アレクサンドル・パヴロフ 、 ブリュノ・トデスキーニ 、 メラニー・ベルニエ


最愛の夫フランソワを亡くして3年。悲しみを乗り越えて仕事一筋に生きていたナタリーは、ある日同僚のマーカスに突然キスをしてしまう。密かにナタリーを狙っていた社長や、周囲の人々は困惑するばかり。それもそのはず、マーカスは存在感の薄い、女性にモテそうにないダサい風貌の男性だったのだ。しかしキスをきっかけに2人で出かけるようになったナタリーは、次第にマーカスの人柄に惹かれてゆく。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

オドレイ・トトゥって本当にかわいい~大人の女性になったけど、どこかキュートです。
冒頭、最愛の夫との関係はとにかくロマンチックです♪
ナタリーは結婚を機に新しい会社に就職、仕事は忙しく、家庭はラブラブで幸せいっぱい。だけど夫がランニング中に事故で亡くなってしまう。憔悴しきった彼女を取りあえず社会復帰させたのは仕事だった。家族や友人は見守るしかなかったのよね。
そして3年の時が経ったとき、仕事一辺倒の彼女は出世しチームリーダーに…美しい彼女に会社の社長も手を出す始末だけどきっぱり断る彼女なんだけど心に穴があいたよう?ある日、考え事をしてる時に部下が仕事のことで相談に来たのだけど、何故かナタリーは濃厚なキスをする。呆気にとられた部下のマーカスだけど、その日からナタリーの事が気になって仕方ない。だけどナタリーは全く覚えてなくって自ら困惑してしまう。マーカスはお詫びに食事に1度だけ付き合って欲しいと言われ食事に行くのだけどマーカスの純粋なところにナタリーは惹かれる。あくまでも友人として・・・と思いながら。二度目はナタリーから誘う、彼らは頻繁に会うことになるのだけど、マーカスの態度もおかしいしナタリーも戸惑ってる?それでも職場の周りの人々は好奇心いっぱいで仕方ない。ただマーカスは見た目はさえないので、本人も少し引け目を感じてるのかもね?
社長の突飛な行動に怒りを覚えるナタリーだけど、社長の一言で大事な事を思い出し、そしてようやく前を向いて進めるのかもね~

最後に出てくるナタリーのおばあちゃまも素敵でしたが、やっぱりナタリーを演じてるオドレイ・トトゥは本当に綺麗だしキュートだし見てるだけで幸せだわ♪

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター