しあわせの灯る場所



原題:WHERE HOPE GROWS
上映時間:98分
製作国:アメリカ
製作年:2014年
公開情報:劇場未公開
ジャンル:ドラマ
監督:クリス・ダウリング
出演:クリストファー・ポラーハ 、 デヴィッド・デサンクティス 、 マッケイリー・ミラー 、 ウィリアム・ザブカ


元メジャーリーガーのカルヴィンは球団をクビになり、アルコール中毒に陥る。そんな時ダウン症を患いながらも明るく前向きに生きる少年・プロデュースと出会い、その姿勢に惹かれていく。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
カルヴィンは元メジャーリーグ、過去の栄光と挫折に縛られ、華やかな時を知る友人たちとつるんでる。妻はいないけど娘は17歳、一緒に暮らしてるけど思春期の娘の取り扱いに苦慮してる。
常の飲んだくれてるカルヴィンだけどスーパーで働くダウン症のプロデュースと接する。彼はいつも明るく元気…真逆のカルヴィンは少し興味を持つ。だけどプロデュースにも当然悩みがあり、それは彼が障害を持ってる限り叶わないこと…そんな彼が野球を習いたかったと聞いたカルヴィンはスーパーの裏で果物をボールに教える。さらに仕事が終わるのを待ってバッティングセンターまで連れていくんだけど、そこで出会いがあるんですよね~プロデュースはラッキーボーイなのかも?!だけどその出会いもダメにしちゃうんだけど。
そして友人にプロデュースを宣伝に使いたいと言われカルヴィンは怒る。まぁ当然か…だけどその後大事な予定があったのにお酒に逃げちゃって、挙句に酔っぱらって娘に迎えに来てもらう始末。さすがにダメだと悟りようやく自分がある中だと気が付いて断酒会に参加。くじけそうになるけど娘のために頑張って友人とも仲直りして、良い方向に向かいそうなときに、娘の元カレが彼女を襲い、それをプロデュースが助けるのだけど経緯に誤解があり彼はその場からいなくなる。必死で探すカルヴィンと娘だけど、不幸にも友人が絡みとんでもないことになる…

ダウン症の人とまともに接したことがないんだけど、何事にもまっすぐなんですね。そんな彼と深く接することでカルヴィンの毒気が抜けていくような感じでした。本当、神様からのギフトみたい。ラストはどっち?なんて思ったけど、嬉しい裏切りでちょっとホッとしました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード