2016_03
07
(Mon)16:30

追憶と、踊りながら



ジャンル:ドラマ
原題:LILTING
製作年:2014年
初公開年月:2015/05/23
製作国:イギリス
配給:ムヴィオラ
上映時間:86分
監督:ホン・カウ
出演:チェン・ペイペイ 、 ベン・ウィショー 、 アンドリュー・レオン 、 ナオミ・クリスティ


夫に先立たれ、ロンドンの介護ホームに一人で暮らすカンボジア系中国人のジュン。英語もできず孤独と不安を抱える彼女にとって、息子のカイとの面会が唯一の楽しみ。一方のカイは、自分がゲイで恋人のリチャードを深く愛していることを母に告白できずに悩んでいた。そんなある日、カイは交通事故で突然この世を去ってしまう。自らも深い悲しみに暮れるリチャードは、ジュンのことを気にかけ、カイの“友人”を装ったまま、彼女の面倒を見ようとするのだが…。

ロンドンに暮らす初老の中国人女性とイギリス人青年。2人を繋ぐ愛の記憶とは?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ロンドンの介護ホームに暮らすカンボジア系中国人のジュンは‭一人息子が訪ねてくるのだけが楽しみだった。
だけど一人息子は事故でこの世を去ってしまった…英語もできず不安なジュンだけど彼女に毎朝花をくれる同じホームの男性が居てるけど互いに言葉が解らず理解はしあえてなかった。そんなジョンのもとに息子の親友だというリチャードが訪ねてくるのだけど…
リチャードは一人息子の恋人だった、母にカミングアウトする直前に亡くなり二人の関係は母親には伝わってない。そして息子の話からよく出てくるリチャードのせいで息子は自分と暮らしてくれないと誤解してる。
リチャードは言葉の解る女性に頼んで通訳をしてもらう。それは彼女と花をくれる男性のため…リチャードは恋人が気にかけてた母親に幸せになって欲しいと、自分も悲しみの中にあるのにジュンの事を気にかけてくれるのだけど、言葉の壁があり、文化の壁がありジュンはなかなかリチャードの思いに気が付かない。だけど二人には共通の思い出が溝を埋めてくれるのかも…

母親は数か国語を理解するのに英語だけは解らない…生活のすべてを息子に頼っていたようで…なぜ?覚えようとしないのか?
リチャードは言葉の壁に悩むんだけど、結果通訳を探しただけ?自ら覚えようとしない(?_?)ちょっと謎でした。

母親は息子がゲイだと言うことに気が付いてたのかも?認めたくは無かっただろうけどね?子離れが出来てなかったのかな…息子は成熟した大人で愛する人が居た…その事に亡くなってから初めて気がついたのかも知れないですね。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック