夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

真夜中のゆりかご




ジャンル:サスペンス
原題:EN CHANCE TIL
製作年:2014年
初公開年月:2015/05/15
製作国:デンマーク
配給:ロングライド
上映時間:102分
監督: スサンネ・ビア
出演: ニコライ・コスター=ワルドー ウルリク・トムセン マリア・ボネヴィー ニコライ・リー・コス リッケ・マイ・アナスン トマス・ボー・ラーセン ペーター・ハーバー オーレ・デュポン モリー・ブリキスト・エゲリンド ボディル・ヨルゲンセン エヴァ・フレーリング ミレ・ホフマイーヤ・リーフェルト ローランド・ムーラー サラ・ユール・ヴェアナー


真面目な刑事アンドレアスは、美しい妻アナと乳児の息子とともに幸せな日々を送っていた。そんなある日、通報を受け駆けつけたアパートの一室で、薬物依存の男女に育児放棄された乳児が、クローゼットの中に糞尿まみれで放置されている現場に遭遇する。衝撃を受けながらも、法律の壁に阻まれ、乳児を保護することができず無力感に苛まれるアンドレアス。そんな中、思いも寄らぬ悲劇に見舞われるアンドレアスとアナだったが…。

刑事が下した決断は、正義なのか、過ちなのか。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

余りにも突発的な行動だろう?と思いつつ、男と女の感覚はここまでズレてるのかとも思います。
刑事のアンドレアスはジャンキーの夫の捜査で自宅に行ったとき、バスルームで糞尿まみれになってる赤ちゃんを見つける。赤ちゃんは育児放棄されてたけど、法律の壁でどうすることもできない。
アンドレアスには美しい妻のアナと同じくらいの赤ちゃんが居てたため、そんな赤ちゃんが気の毒でなんとかしたいって頭の隅にあったのかもね?
ある日、自分の息子が死んでしまった。取り乱す妻のアナは自分も死ぬ~なんて言い出し異常な取り乱し方をする。アナまで失いたくないとアンドレアスは突拍子もないことを思いつく。あのジャンキーの息子と自分の息子を入れ替えること。
薬付で眠ってる夫婦の横をすり抜け赤ちゃんを入れ替えちゃうんです。あかんやろ~
で、突拍子もない行動なんでボロボロと不具合が生まれます。まず、妻のアナが受け入れられないこと。当然やん!それ以外にも彼女には秘密があったし…そしていくらジャンキーでも自分の子供は解る。ジャンキー夫は死んだ子供にうろたえ隠そうとしてしまったこと。実の息子の死体はどこへ?!
アナは赤ちゃんを受け入れたように見えてたけど、罪の意識には勝てなかったのかもね?
アンドレアスは母性とか女とか余り理解できてないような気がするけど…でも、徐々に現実を見て自分の犯した行為や妻の思いやいろんな事を悟るけどどうしてよいのか解らない、そんな不可解な行動に相棒のシモンが気が付きます。って言うか彼しか気が付かない…彼にもまたアンドレアスに対する負い目があった気がする。肝心な時に酔いつぶれてるんだもん~
相棒のお陰で収まるところに収まるのかな?ラストは数年後、良い感じの出会い方でした。子供は意外と大人の心を見破れるのかも?

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター