夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ソウルガールズ




ジャンル:ドラマ
原題:THE SAPPHIRES
製作年:2012年
初公開年月:2014/01/11
製作国:オーストラリア
配給:ポニーキャニオン
上映時間:98分
監督:ウェイン・ブレア
原作戯曲:トニー・ブリッグス
出演:クリス・オダウド 、 デボラ・メイルマン 、 ジェシカ・マーボイ 、 シャリ・セベンズ 、 ミランダ・タプセル 、 トリー・キトルズ 、 エカ・ダーヴィル 、 デボラ・メイルマン 、 ジェシカ・マーボイ


1968年、オーストラリア。アボリジニの居住区に暮らすカントリー音楽が好きな三姉妹、ゲイル、シンシア、ジュリー。スターになることを夢見てコンテストに出場した彼女たちだったが、アボリジニに対するあからさまな差別を受け、あえなく落選。そんな中、司会をしていたデイヴだけが彼女たちの才能を評価してくれた。ジュリーがそんなデイヴに声を掛ける。新聞の切り抜きを見せ、アメリカ軍の慰問に参加する歌手のオーディションを受けたいので手を貸してほしいというのだ。渋々ながらもマネージャーを引き受けたデイヴは、米兵にウケがいいからと、カントリーではなくソウル・ミュージックを歌うよう3人に要求する。こうして三姉妹は従姉妹のケイも加えてアボリジニ初の女性ボーカル・グループ“サファイアズ”を結成し、デイヴの熱い指導でソウル・ミュージックを一から叩き込まれていくが…。

夢は絶対
あきらめない


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

お酒とか麻薬とかドロドロの愛憎とかが無くって純粋な子達のただ歌いたいって思いが良かった。
他の作品でも見てるけどアボリジニに対する差別は酷かったです。色の白い子をそれだけで親元から連れ去るなんて何様?後から移民してきた白人が元々住んでるアボリジニを差別するってどうよ?白人至上主義としか言いようがない!なんて思いつつもアメリカのネイティブだけじゃなく日本だって琉球やアイヌを差別というか追い出そうとして歴史があり以上は何も言えないんだけどね。
小さな頃から歌が上手だった姉妹たちが大きくなってから舞台で歌いたいと思うのは普通の事。早速、町の小さなコンクールに参加するけど当然のような差別で一番上手かった彼女達は優勝で出来なかった。だけど司会をする他国の人間のデイヴだけは政党に評価してくれ伴奏までしてくれた。そんなデイヴにジュリーは新聞の切り抜きを見せる。それはベトナムでの慰問に参加する歌手の募集広告だった。デイヴに伴奏をと依頼する。そして彼は親の説得からオーディション参加の連絡とマネージャー的な事までこなすことに…幼いころにさらわれ白人として生活してた従妹も参加し黒人はカントリーよりソウルだと歌を教えオーディションは見事に合格。サファイアズとして戦地を慰問し人気を得ることになる。サクセスストーリーというよりは恋愛に傾倒してる気もするけど、一貫して美しくパワフルな歌声のライブシーンが多く楽しかった。戦争の悲惨さも描かれ、最後は悲しい結末?になりそうだったけどハッピーだったので本当に良かった。エンドクレジットはご本人たちのスチール写真もでてました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー