2016_03
04
(Fri)13:59

イン・ザ・ヒーロー



ジャンル:ドラマ
製作年:2014年
初公開年月:2014/09/06
製作国:日本
配給:東映
上映時間:124分
監督:武正晴
出演:唐沢寿明 、 福士蒼汰 、 黒谷友香 、 寺島進 、 小出恵介 、 及川光博 、 杉咲花 、 イ・ジュニク


ブルース・リーを崇拝するこの道25年のベテラン・スーツアクター、本城渉。いつか“顔出し”で映画出演するという未だ叶わぬ夢を追い続け、愚直に鍛錬に励む日々。それでも、もはや身体は悲鳴をあげ、妻子にも愛想を尽かされ、おまけに初めての顔出しのチャンスは、特撮ヒーローをバカにする売り出し中の新人、一ノ瀬リョウに奪われる始末。ところが、そんな崖っぷちの本城のもとに、ハリウッドが手がける忍者アクション大作「ラストブレイド」への出演という思いも寄らぬオファーが舞い込んでくる。ようやく巡ってきた一世一代のチャンス。しかしそれは、命の危険を伴うあまりにも無謀なスタントだった。


オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ
夢は必ず叶うってことを


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スーツ・アクターに焦点をあてるのは面白いし劇中劇ってなんだかワクワクしちゃいます。
それにしても何故?上映中は興味が持てなくっと完全スルーしてんだよね~友達は面白いよ!って言ってくれたのに(?_?)

この道25年のベテランのアクターの本城はやっぱり役者として顔出ししたいと願ってる。アクションも首にアクシデントを抱えてる様子なんだけど、彼は仲間を率いてスタントマンの仕事に励んでる。
ある日、子供向けヒーローもので悪役を演じれると連絡が入るが大手から横やりが入り若手アイドル俳優の一ノ瀬が起用になった。
しかも若手に殺陣の指導をマネージャーに頼まれる。若手は日本で撮影されるシーンでのオーディションが進んでるらしく、アクションを経験させたい意図があった。だけどこの一ノ瀬って新人のくせに偉そうで今どきの子?って感じなんだけどね~でも、まぁそれなりの理由がありましたね。最初は練習なんて不要だと言ってた一ノ瀬だけど殺陣は難しいですよね。敵役との息も合わなきゃだめだし直ぐにできるもんじゃない。悟った一ノ瀬は本城に弟子入り、真剣にアクションに取り組んだ結果、オーディションには合格します。
だけど映画業界は複雑?監督の我儘に主役は拒否、周りのスタッフは説得する。監督の描くアクションシーンはあまりにも危険だと・・・だけどこの監督も聞く耳もたんタイプで、困り果てた日本側のスタッフが本城のことを思い出し依頼する。
余りにも危険なアクション、しかも準備期間も無く家族も止めるんだけど彼は決意しちゃうんですね。

ラストのアクションシーンを撮影するシーンはなんだか切なくなりました。すっごく長く感じ、早く終わってあげて~って感じ。
当然、映画なんで危険を考慮して撮影してるんだと思うけど、つい手に汗を握りました。

そうそう、冒頭シーンも面白かったです。まるで子供向け戦隊もの?と言うのか?のオープニングみたいでした。
ピンクは実際に…タッパの低い男性が演じてるのか?ちょっと興味が出ましたが、もうゴレンジャー依頼、見たことないと気が付きました。あ年齢がばれる~そうそうゲーム用のモーション・キャプチャーも仕事の一つって面白そう!ってちょっと思ったのと仲間の結婚式のシーンはとっても素敵でした♪

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック