夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

しあわせへのまわり道 2016-03-02-Wed



ジャンル:ドラマ
原題:LEARNING TO DRIVE
製作年:2014年
初公開年月:2015/08/28
製作国:アメリカ
配給:ロングライド
上映時間:90分
監督:イザベル・コイシェ
原作:キャサ・ポリット
出演:パトリシア クラークソン 、 ベン・キングズレー 、 ジェイク・ウェバー 、 サリター・チョウドリー


マンハッタンに暮らす売れっ子書評家ウェンディ。順風満帆な人生を歩んでいた彼女だったが、ある日突然、21年連れ添った夫との結婚生活が破綻してしまう。すると、これまで夫に運転を任せきりで免許も持っていないウェンディは、離れて暮らす娘に会いに行くこともできないことに気づく。そこで、タクシー運転手をしながら副業で自動車教習の教官もしているインド人ダルワーンの個人レッスンを受けることに。しかし、夫への怒りと離婚のショックでなかなか運転に集中できないウェンディ。そんな彼女に、ダルワーンは人生にも通じる含蓄あふれる言葉で優しくアドバイスしていく。やがて、敬虔なシク教徒であるダルワーンを通して、これまで知らなかった異文化にも触れ、少しずつ自分の気持ちにも変化が生まれていくウェンディだったが…。


きらきらした夏のニューヨーク、突然訪れた人生の“ブレーキ”。
それでも道は続くから、まっさらな私になって再び前へ踏みだそう。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ちょっとホッとできる作品が見たくって。
移住してアメリカ人になったダルワーンは夜はタクシー、昼間は自動車運転の教習をしている。ある夜、喧嘩してる夫婦を乗せ、夫は先に降り妻を家まで届ける。妻は売れっ子の書評家のウェンディ。夫の浮気に激怒してたけど、またいつもの遊びだと思ってたら娘経由で離婚を考えてることを知る。落ち込むウェンディのもとへタクシーに忘れ物をしたとダルワーンが届けに来るがチップを強要せず、そのことにウェンディは感動し名刺をもらった事で付き合いが始まる。遠くに住む娘のところへ遊びに行くために運転を覚えようと奮起するウェンディだけど、いざ練習を始めると恐怖しかなく辞めたいと思いつつも、ダルワーンの指導はまるで人生の道標のようです。そして現実としてインド人が差別されてることも知る。だけど彼は常に心穏やかなんですね。
でも、ある日、初めて出会う花嫁がやってきて、あまりにも違う環境で互いに戸惑い彼も迷いを感じる…
一方、ウェンディは徐々に夫を忘れつつあるけど、娘のことがあり自分を見つめなおし心も穏やかになっていくの。そして今度はウェンディがダルワーンの道標となるのかな?互いにそれぞれの道を走り始める…


ベン・キングズレーは流石にインド人の血を引いてるだけにターバンも様になってました。パトリシア クラークソンがヒステリックな妻からどんどん可愛くなって素敵でした。
ダルワーンの運転に対するアドバイスも素敵で、運転も人生も?ちょっと気を付けてみようかな?なんて思っちゃった。

CATEGORYレンタル Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« アリスのままで | ホーム | at Home »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |