夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

at Home



ジャンル:ドラマ
製作年:2015年
初公開年月:2015/08/22
製作国:日本
配給:ファントム・フィルム KATSU-do
上映時間:110分
監督:蝶野博
原作:本多孝好
出演:竹野内豊 、 松雪泰子 、 坂口健太郎 、 黒島結菜 、 池田優斗 、 村本大輔 、 千原せいじ 、 板尾創路 、 國村隼


夫婦と子ども3人の森山家は、一見どこにでもある幸せ家族。ところが父親・和彦の稼業は、なんと空き巣泥棒。そればかりか、妻・皐月は結婚詐欺師で、長男・淳も一流の偽造職人を目指して修行に励む犯罪者家族。その上、全員血のつながりのない赤の他人だった。それでも、それぞれに辛い過去を持つ彼らの互いを思う気持ちは、どんな家族にも負けないほど強かった。そんなある日、皐月がターゲットにしていた男から逆に誘拐監禁されてしまい、森山家に最大の危機が訪れる。

俺が盗んできた家族は、誰にも奪わせない。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

悲しい人が集まって家族を構築すると、本当の家族よりも家族らしくなるのかな?
両親に三人の子供たち、長兄はしっかりもの長女は母を手伝う優しさ、末っ子は小学生だけど割としっかりしてる。どこにでも居そうで居なさそうな家族だけど…彼らは全く血が繋がってなかった?!

しかも父は泥棒、母は結婚詐欺、兄は偽造職人?子供たちはそれを知ってて、父が現金以外を盗んでくると起こり、母の詐欺のシチュエーションを家族で考える?それでも平和に暮らしてる?家族に危機が訪れる。母のターゲットに詐欺だと言うことを気づかれてしまい、相手も実は同業者だった?身代金を要求され兄が偽札を作り出し母を迎えに行くのだけど、暴力を振るわれたことを知った末っ子が冷静さを失ってとんでもない行動をしてしまう。
そんな状況で家族の回想が始まる。末っ子が書いた家族についての作文のナレーションも元に…

DVに性的虐待、ネグレクトに兄弟間差別?皆、本当の家族にはつらい思いしか知らず、そんな人々が集まり本当の家族ができちゃうんですね。そこで真面目に働くという選択肢がなかったのが残念ですが、末っ子の罪をかぶり父は刑務所に…家族は解散?
違うんですよね~家族は待ってるんです。今度こそ普通の家族になれるのかもね?

映画館で上映中に見たかったんですがタイミングが合わず。家族の事より事件が主かと思ったけど彼らが何故、寄り集まったのかが描かれてました。まぁDVDで充分だったかな?!それにしても家族って大事!じゃない家族もたくさん居てるのかもと思うと、ちょっと悲しいですね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター