マダム・マロリーと魔法のスパイス



ジャンル:ドラマ
原題:THE HUNDRED-FOOT JOURNEY
製作年:2014年
初公開年月:2014/11/01
製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
上映時間:122分
監督:ラッセ・ハルストレム
原作:リチャード・C・モライス
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(集英社刊)
出演: ヘレン・ミレン オム・プリ マニシュ・ダヤル シャルロット・ルボン ミシェル・ブラン アミット・シャー ディロン・ミトラ アリア・パンディア クレマン・シボニー ヴァンサン・エルバズ ローハン・チャンド


南フランスでミシュラン1つ星を誇るフレンチ・レストランの気高きオーナー、マダム・マロリー。夫を亡くして以来、レストランに情熱の全てを捧げてきた。そんなある日、故郷インドを追われ、新天地を求めてヨーロッパにやって来たカダム一家が、マダム・マロリーの店の向いにインド料理店をオープンする。派手な電飾と騒がしいインド音楽に眉をひそめるマダム。市場での食材の奪い合いも勃発し、マダムとカダム家の頑固なパパは一触即発の険悪ムードに。そんな中、カダム家の次男で亡き母の才能を受け継いだ天才料理人ハッサンと、マダムの店の副料理長マルグリットは互いに心通わせていくが…。

南フランスの名門レストランvs.インド料理店
――その“戦い”は、奇跡のはじまり…

そのスパイスは、あなたの人生を“美味しく”変える。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
冒頭、あれ?インド映画だっけ?って感じです。絶対味覚を持つインド人青年ハッサンは母や父の教えで料理の腕も確かなものになっていった。だけど暴動で家族で営んでたレストランは燃えてしまい母を亡くす。家族は新天地を求めヨーロッパへ。そこは旅の途中だったフランスの片田舎、父の運転ミスで車が壊れ留まることに…父は運命だと感じ古い家を見つけここでレストランを開くと言い出すのだけど、向かいには老舗で一つ星ののフレンチレストランがあった。夫を亡くし一人で店を支えるマダム・マロリーはそんなインド人家族が気に入らない。大きな音楽、派手な装飾の店に眉を顰め、食材は奪い合いと険悪なムードに・・・
だけどインド人のハッサンは伝統的なフランス料理にも興味を持つ。さらに車の事故で助けてくれた女性はフレンチ・レストランの副シェフだけど古い料理の本をくれたり何かとハッサンにアドバイスをくれる。そんな女性マルグリットに恋までしちゃう。
ある日、あるきっかけでマダムはハッサンの料理の腕を知るけど認めたくない…そこから一層、ライバル心が過激になる。マダムもインド人の父親も頑固で一歩も引かない…だけどマダムのもとで働く料理人が暴挙にでちゃう。マダムはその料理人を解雇し、少しトールダウンしたことでインド人家族と少し近づくことになる。さらにハッサンを自分の店で迎えたいと申し出るのだけど父親は猛反対。それでもあきらめないマダムに根負けしハッサンはフレンチを学ぶ。そして運命の日、30年一つ星だったけどハッサンのお陰で二つ星となれた。そんなハッサンは大きなレストランに引き抜かれていくのだけど…

あれ?ハッサンのストーリーだったのか?なんて思ったのですが、ハッサンが去った後のマダムの店やインド人家族の事が描かれて、それが良い感じなんですよね。特にマダムと父親の関係が…父親も息子の出世を喜んでました。一方ハッサンの方は何かが違うと感じてしまったんでしょうね。同じインド人の料理人が妻の料理を持ってきてて、それを食べたときにハッサンは気が付いた。彼の決断は…マダムのお店は…残されたマルグリットは?

お料理がとっても美味しそうだったけど、パリのお店のはいまいち?斬新だったけど美味しそう~ではなかったです。
マダムのお店もよいけど、いっぱいお喋りしながら食べるインド料理が食べたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード