夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

母と暮せば



ジャンル:ファンタジー
製作年:2015年
初公開年月:2015/12/12
製作国:日本
配給:松竹
上映時間:130分
監督:山田洋次
出演:吉永小百合 二宮和也 黒木華 浅野忠信 加藤健一 広岡由里子
本田望結 小林稔侍 辻萬長 橋爪功


1948年8月9日、長崎。一人で慎ましく暮らしている助産婦の伸子。夫と長男は戦死し、次男の浩二も3年前の原爆で亡くなった。浩二の恋人だった町子はそんな伸子のことをずっと気にかけ、今でも足繁く通ってくれている。そんなある日、伸子の前に浩二が幽霊となってひょっこり姿を現わす。以来、浩二はたびたび現われては、伸子と思い出話に花を咲かせるようになる。笑いの絶えない楽しい2人の会話だったが、最後は決まって町子の幸せへと話が及んでいくのだったが…。

もう息子には会えないと、思っていました。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

12 母と暮せば

父と暮らせば、井上ひさしの描いた舞台作品でたった二人の芝居。残念な事に見てませんが映画版で黒木監督が描き娘は宮沢りえ、父親は原田芳雄が演じててDVD鑑賞でしたが凄く感動してずっと心に残ってた作品。井上ひさしはそのついとなる長崎を舞台にした母と暮らせばの構想をもちつつ他界。その意志を継いで山田洋二監督が描く…

基本的には戯曲なので演技は少しオーバーな感じもしました。長崎弁も微妙でした。登場人物は最小限に抑えられ演技派が出演してるのに僅かしか登場しないにもかかわらず存在感はありました。そして要となる恋人を浅野忠信…彼は父と暮せばでも要でした。

冒頭の物語はモノクロで描かれ長崎に原爆投下の瞬間でした。インクの瓶がゆがみ溶けるシーンに原爆の恐ろしさが描かれてました。
それから3年、被爆地から離れたところには家も残り少しずつ生活が落ち着いてきた感じ。それでも悲しみはそこらじゅうに存在してる。
息子を亡くした伸子はやっと諦めようと思う…息子の恋人の町子にも告げるのだけど…そんな意を決した夜に伸子の前に死んだ息子浩二が現れる。彼曰く、母親が死を認めたからやっと出てくれたと言うのだけど…息子と母親の会話が主です。恋人、町子の事、息子の恩師の壮絶な死、上海から帰って来たおじさんの闇の仕事、いままでの生活。息子は気になる事を母から聞きだし、母は息子に訴える事で悲しみを消化する。
2人の決断で町子の幸せを祈るけど、いざその兆しが見えると母は嫉妬したりする。
そして本当に息子が現れた理由は…

戦争は悲惨で悲しみしか生まれない事を常に描いてましたね~そう言う意図が見えるにも関わらず涙が勝手に流れてました。

死んだ息子が現れる…それだけでファンタジーなんですが、母は余りにも乙女で息子は余りにも優れてて…それが現実をいっさい感じれず、設定うんぬん関係なくファンタジックなイメージで終りました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター