海難1890



ジャンル:ドラマ
製作年:2015年
初公開年月:2015/12/05
製作国:日本 トルコ
配給:東映
上映時間:132分
監督:田中光敏
出演:内野聖陽 ケナン・エジェ 忽那汐里 アリジャン・ユジェソイ


1890年、明治天皇への謁見を終え帰途に就いたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦“エルトゥールル号”が、和歌山県樫野崎沖で台風に遭遇し、難破してしまう。600名を超える乗組員たちが海に投げ出されるが、地元住民の懸命の救助活動と、医師・田村を中心とした医療関係者たちの尽力で奇跡的に69名の命が救われる。和歌山の人々のこの行動はトルコ国民に感銘を与え、後世まで語り継がれることで日本に対する好意的な感情の醸成に大きく貢献していく。それから90年以上も経た1985年、イランのテヘラン。イラン・イラク戦争の停戦合意が破棄され、イラクのサダム・フセインは、イラン上空の飛行機を無差に攻撃すると宣言する。この時、帰国の手段を断たれた200人以上のイラン在留邦人の窮地を救ったのが、90年以上も前の出来事に感謝の念を持ち続けていたトルコの人々だった。

なぜあの時、
トルコは日本を
助けてくれたのか。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

12 海難1890

思ったよりトルコのシーンが多くってえ?って感じも…そしてエンドクレジット後のトルコの偉い人の挨拶でへぇ~って感じ。
実話なので海難事故の救助は淡々と…イラクでの脱出シーンはちょっとドラマチックだったけど、ようは全てにおいて善しか描いてなので映画としては面白みに欠けます。教育ビデオを見てる感じ?そして痛切に思うのは日本政府の対応の情けなさ…ですかね?!
情けは人のためならず…ってお話しですが。トルコ国民は世代を超えて90年も恩を忘れてない、日本人は忘却する国民性ですっかり忘れてます。イラクからの脱出は政府としては汚点だったろうけど、やっぱり近代史の教科書に載せるべき事実ではないんでしょうか?

でも、よく描かれてました。トルコの軍の統一性は素晴らしかったですね。信仰心もあつく詩を庶民でも楽しむ芸術性も素敵でした。そして日本の島民たちも素晴らしかったです。危険を顧みず外国人を助け、食糧を差出しなんとしても助けようとする姿勢は神々しかったです。遺品も洋服を繕い剣を磨き返そうとする姿勢も感動します。
最初は自分の事でいっぱいいっぱいだったトルコの高官も事実を知り涙します。
小さな島の人たちの好意がトルコ国民を動かして助けてくれた。なんだか凄いですね。


今のトルコは心配な事が多々だけど…何か日本に出来る事とか無いのかな~なんて小市民は漠然と思ってしまうんだけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード