杉原千畝 スギハラチウネ



ジャンル:ドラマ
製作年:2015年
初公開年月:2015/12/05
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:139分
監督:チェリン・グラック
出演:唐沢寿明 小雪 塚本高史 濱田岳 二階堂智 板尾創路 滝藤賢一 石橋凌 小日向文世


世界情勢が混乱を極める中、諜報(ちょうほう)外交官として日本にさまざまな情報を送ってきた杉原を唐沢寿明が演じ、彼を支える妻に小雪がふんするほか、日本、ポーランドの実力派俳優が集結。『サイドウェイズ』などのチェリン・グラック監督がメガホンを取り、国際色豊かなスタッフ、キャストをまとめ上げた。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


12 杉原千畝 スギハラチウネ

試写会で先行鑑賞。
邦画なんだけど洋画を見てようだったのは字幕が多かったかなかな?2005年にテレビドラマを見ていましたが、外国人も皆吹き替えで全て日本語だったので違和感があったけど、今作は映画としてちゃんと言語も成立してて良かったです。
そして以前は意識して無かったのか?気が付かなかったのか?戦前の外交官って諜報活動がメインに近かったのかも?!杉原は共産国の内情を知りたくってモスクワに入りたいんだけど、その為に行った妨害活動に帝国軍人を絡めてしまったため、信頼してた現地の仲間を失い、更にソ連側から入国拒否までくらってしまう。失意の中で日本に帰国した杉原は友人の妹と恋に落ち結婚。そしてリトアニアで領事館の立ち上げを任される。
だけど時代はヒットラーがソ連と手を組み力をつけ始めていた。本国だけでなく近隣国でも始まったユダヤ人の迫害。仕事上の付き合いから始まったユダヤ人の商人の親戚から聞かされたドイツ兵の悪行に心を痛める。そして杉原は気が付く…ドイツはソ連と手を切り更に進行を深めようとしてる事に…ベルリンの日本領事館に報告に行くが当然、取り会ってくれません。彼の意見を聞いていれば日本も変わったかも?だけど下手に変わるよりは良かったのかも?それは解りませんが・・・
そしてリトアニアではユダヤ人が日本への通過ビザを求め、領事館へやってくる。日本に確認を取る杉原だけど、答えは時間がかかりしかも拒否の姿勢。そして領事館も閉鎖になるだろうと言う状況で杉原は決断する。彼は偽装かも?と言うようなパスポートにさえビザを発給。そして何千人と言う命を救う事になるんだけど、彼だけでなく受け入れる日本側の人間に杉原を信用する人がいてこそ、本当に救われたんだろると思います。
その後の人生は意外と不幸でなく自分の生きる道をしっかり見出し、そして長生きしてました。彼に賞賛を最初に送ったのが外国だったというのが何とも情けない話ですよね。

エンドクレジットには杉原氏本人や家族の写真が流れます。典型的な日本人顔でした。唐沢のどんぐり眼が印象的だったけど実際は細い目だったんだね。それにしても久々に唐沢の真面目な役を演じる姿を見た気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード