夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション




ジャンル:アクション
原題:THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY PART2
製作年:2015年
初公開年月:2015/11/20
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA
上映時間:未定
監督:フランシス・ローレンス
原作:スーザン・コリンズ
『ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女』(KADOKAWA刊)
出演: ジェニファー・ローレンス ジョシュ・ハッチャーソン リアム・ヘムズワース
ウディ・ハレルソン エリザベス・バンクス ジュリアン・ムーア フィリップ・シーモア・ホフマン プジェフリー・ライト ウィロウ・シールズ サム・クラフリン ジェナ・マローン ナタリー・ドーマー スタンリー・トゥッチ ドナルド・サザーランド



独裁者スノー大統領への怒りに燃えるカットニスは、ついに第13地区の反乱軍を率いてキャピトルへの進軍を開始する。しかし、そんなカットニスたちの前に、ゲームメイカーが仕掛けた数々のトラップが立ちはだかる。それでも、大きな犠牲を出しながらも進むことを止めないカットニスの姿は人々の心を鼓舞し、反乱軍の列に次々と市民が加わっていく。こうして、次第に追い詰められていくスノーだったが…。

『ハンガー・ゲーム』、ここに完結!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


11 ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション
おとぎ話のラストの様で…少し拍子抜けだったけど、後で思うとそれが良かったのかも?!
彼女はあくまでも象徴として利用されただけ。それでも彼女が一番、真実を見てたのかも知れません。そして最後は最愛の人と家族となり平凡な日々。それは普通の女性が普通に歩む人生。それでも彼女はやっぱり悪夢を見る。だけど回避する方法を得て今は幸せ。めでたしめでたし・・・

彼女の悪夢は妹を救うためだった自分の行為が、最後の一瞬にして崩れたこと、その作戦を考えたのが家族を託した幼馴染だった事…だけどそれまでに彼女に与えられた好意は数限りなくあった事で彼女は救われてる?

決して戦士で無い彼女だけど、悪政を強いるスノーは許せない、だけど反政府軍を率いるコイン首相だって信じれない、彼女の味方はごく身近にいてる戦士たち。ピーターは洗脳されてるが徐々に解けかけてる…それでもいつ暴れ出すか解らない。それもヒロインのキスで彼は目覚めるけどね。そして彼女を思う幼馴染は立派な戦士となるけど、何かを見失ってる気がする。
カットニスの目的はスノーを殺す事?だけどスノーと対峙した時に何かが違うと感じる。
勇気ある彼女の決断は凄かったです。

とにかくラストです。無事に終わりました。途中で亡くなったであろうフィリップ・シーモア・ホフマンも微妙な違和感はありましたが、仕方ないですね。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター