2015_11
14
(Sat)16:59

起終点駅 ターミナル



ジャンル:ドラマ
製作年:2015年
初公開年月:2015/11/07
製作国:日本
配給:東映
上映時間:111分
監督:篠原哲雄
原作:桜木紫乃
『起終点駅 ターミナル』(小学館刊)
出演:佐藤浩市 本田翼 中村獅童 和田正人 音尾琢真 泉谷しげる 尾野真千子


かつて北海道の旭川で裁判官として働いていた鷲田完治。法廷で学生時代の恋人・結城冴子と思わぬ再会を果たし、東京に妻子がいるにもかかわらず逢瀬を重ねるようになる。やがて悲劇が訪れ、完治は家族を捨て最果ての駅へと降り立つ。25年後、弁護士となっていた完治は釧路の街で国選弁護人の仕事だけを引き受け、息を潜めるように暮らしていた。ある日彼は、覚醒剤所持で逮捕された椎名敦子という若い女性の弁護を担当した。やがて、反省の見られなかった彼女の態度の裏には意外な秘密が隠されていること知る完治だったが…。

かれが、たどりついた「終着駅」
あすは、かれらを未来へ運ぶ「始発駅」
ここは、時刻表のない…駅


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

11 起終点駅 ターミナル

佐藤浩市ってこう言う感じの役を演じる人に成っちゃいましたね~それに北海道付いてる気もする?!判事で地方回り中…2年毎に変わっちゃうの?鷲田は小さな裁判で学生時代に付き合ってた冴子と偶然出会う。彼は冴子の営むスナックに通い始めるのだけど、彼女は司法試験に受かったその日に同棲してた家を出て行ってそれ以降、音沙汰知れず。昔の思いが蘇る二人…2年の月日はあっという間、鷲田が東京へ戻る日、彼は決断するんですね。彼に問って妻や子供よりも大事なものを見出したのかも知れない、二人は東京へ向かうが冴子は女の性なのかなぁ?!鷲田の負担になりたくないと真剣に思ったんだろうけど、その決断はあかんやろう。鷲田は彼女からも逃げ家族の元へも帰らず終着駅の釧路で降り立つ。そしてそこで25年、国選だけを受ける弁護して働き細々とひっそりと暮らしてた。ある日、国選として弁護を引き受けた椎名と言う少女、彼女は反省してたが、鷲田に居なくなった彼氏を探してほしいなんて言ってくる。国選以外は受けないと断るのだけど…関わってしまう事になるんですね。一方、鷲田も仕事場で若い事務次官と知り合う。彼は何と息子と同じ大学だったと…そして人づてに入ってくる息子の様子に複雑な思いを持つ。
椎名の彼は覚せい剤を持って逃げてるらしく、ヤクザも追ってる。そのヤクザを一度弁護した鷲田の元にも時たま訪れ顧問に成れと依頼するのだけど…この組の若社長の存在は微妙でした。そしてお隣のちょっと地方のかかったおじいちゃんがお茶目で、彼も知らずに鷲田に幸せをもたらすのかな?!あのタイミングで見たから鷲田は急ぎ向かったのかもね~

椎名も再生、鷲田も再生する…恋愛が絡むのかと思ったけど余りにも年齢差があり過ぎですね~全くなかった。そして鷲田は終点の駅にたどり着き始発の駅から向かう…のかな?

集中でき、忘れられるからとしっかり料理する鷲田の作るものはとっても美味しそうでした!
ザンギが食べてみたい!映画の後のとんかつで落ち着いたけど(笑)

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック