2015_10
19
(Mon)16:06

ダイバージェントNEO




ジャンル:SF
原題:INSURGENT
製作年:2015年
初公開年月:2015/10/16
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA
上映時間:119分
監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:シェイリーン・ウッドリー テオ・ジェームズ オクタヴィア・スペンサー ジェイ・コートニー レイ・スティーヴンソン ゾーイ・クラヴィッツ マイルズ・テラー アンセル・エルゴート スーキー・ウォーターハウス マギー・Q メキー・ファイファー ダニエル・デイ・キム エムジェイ・アンソニー キーナン・ロンズデール アシュレイ・ジャッド ナオミ・ワッツ ケイト・ウィンスレット トニー・ゴールドウィン ジョニー・ウェストン ジャネット・マクティア


全人類を性格ごとに“勇敢”、“高潔”、“平和”、“無欲”、“博学”という5つの共同体に振り分けて管理することで秩序が保たれていた世界。16歳になり適性検査で“異端者=ダイバージェント”と診断され、危険分子として政府から命を狙われる存在となった少女トリス。“博学”の指導者ジェニーンに操られた“勇敢”の部隊に追われる彼女は、恋人のフォーとともに、いずれの共同体にも属さない集団“無派閥”と合流する。彼らのリーダーは、死んだと思われていたフォーの母親イブリンだった。無派閥は、ジェニーンたちへの反撃の機会を窺い、準備を進めていた。一方ジェニーンは、トリスの両親が命がけで守ろうとした“箱”の解明に取り組んでいた。しかしその封印を解くことができるのは、特別な能力を持ったダイバージェントだけだった。

『偽りの世界』を破壊せよ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

10 ダイバージェントNEO

完結でええやん?でも、確かにフェンスの外の世界、かなり気になったけど…3部作なんです。3部作で真ん中は面白くないセオリーが生きてました?まぁ、映像はかなり凄いし、とってもSFらしい作品だと思いました。ただ…いっちゃん悪そうな博学の指導者は…じゃあ?次は誰が相手・・

”博学”が政権を乗っ取りたくって企てた無欲の攻撃は異端者の攻撃とすり替えられ彼らは逃亡生活に、トリスは両親の死と、操られてたとは言え友人を死に追いやった重圧で苦しんでいた。そしてフォーと兄とピーターの4人は”平和”のコミュニティーに潜んで、他の仲間を探してた。そこへ政府が捜索にやってきてピーターが裏切り3人は逃亡を図る。列車に乗り込み逃げ切ったけど列車には”無派閥”の人間が乗ってて彼らを落とそうとするが、フォーが奥の手を使って助かる。えらい綺麗なかーちゃんやったなぁ(笑)そして仲間の場所も知ることに…3人はそこへ向かおうとするが兄が一緒には行けないと言い出して離れる事に。
この兄って癖もんやわ(-_-;)
一方、支配欲だけで無茶してる”博学”のリーダーのジェニーンはトリスの両親が隠し持ってた箱を見つけ出す。その箱には異端者を抹殺する方法が閉じ込めてるらしいけど、異端者しか開ける事が出来ないと片っ端から異端者を使って開けようと試みる。だけど能力には個人差があり6人目でも開ける事が出来ない。そこで始まる異端者狩り…仲間が”高潔”に居る事を知ってトリスとフォーが向かうが”高潔”のリーダーに”無欲”を襲った首謀者として捕まるが、薬を使った尋問で身の潔白を証明する。だけどそこに政府の異端者狩りが…危うい所で逃げたトリス達だけど、情に流され自ら出頭する。そして箱を開けるために、彼女は試練に立ち向かう。箱を開ける事が出来るのか?箱には何が描かれてるのか…今作で終りでもええよ?!なラストを迎えます。最後はちょっと衝撃やったけど、美人のおかあちゃんはどんな恨みがあったんやろね?!

ちょっと思ってんけど、個性(深層心理?)を検査して見合った環境で生活すれば更に個性は際立ってくるやろうけど、その段階で個性では無くなってしまって、ようは洗脳されてしまうって感じやね?!洗脳は個性を見極めれば簡単って事やね~怖い事やね~

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック