マイ・インターン



ジャンル:コメディ
原題:THE INTERN
製作年:2015年
初公開年月:2015/10/10
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:121分
監督:ナンシー・マイヤーズ
出演:ロバート・デ・ニーロ アン・ハサウェイ レネ・ルッソ


ファッション通販サイトを起業し、ニーズを的確に掴んで短期間で急成長させることに成功したジュールズ。そんな彼女の会社に、シニア・インターン制度によって採用された70歳のベン。妻に先立たれ、新たなやりがいを求めて再び働くことを望んだ彼だったが、若者ばかりの会社ではすっかり浮いた存在に。ところが、ベンはそんなカルチャー・ギャップを楽しみ、たちまちオフィスの人気者に。一方、ここまで仕事も家庭も順調そのものだったジュールズは、急速に拡大した会社の経営にうまく対応することができず大きな試練に直面していた。そんな時、彼女の支えになってくれたのは、どこか疎ましく思っていた人生の先輩、ベンだった。

すべてを手に入れたはずの彼女に訪れた試練。
そこにやってきたのは、70歳の新人(インターン)だった――。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
10 マイ・インターン

定年して、妻を亡くして3年…好きな事はやりつくし?暇を持て余してた70歳のベンは高齢者の求人募集を見つけて応募する。
その会社はたった一人で立ち上げた通販サイト、今や220名も雇用する大きな会社に成長。高齢者の雇用は社会貢献の一環で行われた。ベンは無事にインターンで雇用される事に…そして創立者で社長のジュールズ付となる。年齢もカルチャーもギャップだらけだけどベンは意外と楽しんでる。そしてさすがと言うか偉いと言うか全く仕事を与えてもらってないのにちゃんと仕事を探して働いてるんだよね。人が良く馴染みやすいベンは若者からも受け入れられる。そしてジュールズを煩わしてる小さな問題をも解決させ存在感をアピール。
あるきっかけで彼女の運転手も引き受けて家族とも出会う。発展途上の会社、主夫に徹してくれる優しい夫、そして愛らしい幼い娘。全てを手に入れてるような彼女だけど、頑張って来た事に少しづつひずみが生じる。急成長した会社は全てを彼女が仕切るので手がいっぱい、外部からCEOを迎えるべきだと進言され、その忙しさのせいで夫とも溝が出来始めてる?そして味方に成っても良さそうなママ友の存在は…どこの国も大変ですね。
ベンは彼女の仕事を補いつつも出しゃばらず秘密は保持、最高の部下だと思います。
ベンは大きな会社で部長も務めてた、だけど全く偉そうで無く検挙、そして自分の意志を曲げず、若者は少しだけ彼に憧れたりする。
人間としての性格や相性もあるけど似たような人が集まるよりランダムに年代や考えを持つ人を集める事が上手くいく秘訣なのかもね?
ジュールズも一人で立ち上げて来たから全てを把握したいとは思うだろうけど、人を信用し任せる事も重要かな?!ベンが来た事で会社も家庭の危機も回避した彼女は更に飛躍しそうです。

それにしてもやっぱりアン・ハサウェイは綺麗で可愛いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード