夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

パパが遺した物語



ジャンル:ドラマ
原題:FATHERS&DAUGHTERS
製作年:2015年
初公開年月:2015/10/03
製作国:アメリカ イタリア
配給:ギャガ
上映時間:116分
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ラッセル・クロウ アマンダ・セイフライド アーロン・ポール ダイアン・クルーガー
クヮヴェンジャネ・ウォレス ブルース・グリーンウッド ジャネット・マクティア カイリー・ロジャーズ ジェーン・フォンダ オクタヴィア・スペンサー ライアン・エッゴールド ブレンダン・グリフィン


1989年、ニューヨーク。小説家のジェイク・デイヴィスは、妻と7歳の一人娘ケイティと幸せな毎日を送っていた。しかしある日、車で交通事故を起こしてしまい、同乗していた妻が命を落としてしまう。自身も後遺症で長期入院を余儀なくされ、妻の姉エリザベスとその夫がケイティを預かることに。7ヵ月後、ようやく退院したジェイクがケイティを引き取りに行くと、エリザベスからケイティを養女にしたいとの申し出が。即座にこれを拒否したジェイクだったが、新作はまるで売れず、ケイティとの生活を守ることは困難を極めていく。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、あるトラウマを抱え、自暴自棄な日々を送っていた。そんな時、父の小説の大ファンだという青年キャメロンと出会い、恋に落ちるのだったが…。

ゆびきりの約束
――ずっと一緒。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

10 パパが遺した物語

ほんわかしててお涙ちょうだいの作品ではありません。
愛を見失ってしまったケイティ、心は子供のままで体だけ成長してしまった?肌のぬくもりで心を満たした気分になってしまう、なんとも複雑な女性です。
交通事故で母を失い父までも失いそうになって恐怖におびえる少女ケイティ、父は助かったけど2人とも最愛の人を失くした喪失感で心は空虚…それでは駄目だと父親は悟が不幸にも事故の後遺症が体をむしばむ。主治医の助言で娘を育てるために入院を決意し母親の姉の元へ預ける。義姉は資産家に嫁ぎケイティにも充分に愛情を注いでくれる。そして7ヶ月の治療が終わり娘の元へ…だけど義姉は妹を殺されたと感じ、またケイティの愛らしさで養女に迎えたいと言うが父は娘を連れ帰る。有名な作家だった父は娘のために作品を仕上げるが評論家には受けが悪く思うように稼げない、しかも治ったと思った後遺症の発作がおきる。それでも娘ケイティにはいっぱいの愛情を注ぐのだけど義姉は何故か執拗にケイティを求める…彼女もまた上手く愛情を受け止めれず授けることも出来ない不幸な女性だったのかも?と後半で思う。
複雑な状況で子供時代を過ごしたケイティは肌が触れ合う事で心の穴を埋めようとするが、それは間違ってると感じててもどうしようもなく心療内科を受診してる…そして自らも心理士を目指してるのだけど…男は体を素通りする相手、だけどある日、作家としての父親のファンだと言う男性と知り合い…彼とは徐々に愛を深める事が出来るようになる…同時に受け持ったトラウマを抱えた少女の心を開く事にも成功する。だけどケイティは愛が深まるにつれ不安に怯え受け入れられなくなって彼を裏切るのだけど…
なんとも複雑な女性の心理を描いてます。そして大きな瞳の彼女に見つめられ…落ちない男は居ないわない~なんて思いつつ、不器用で愛に怯えてるのに誰よりも愛に渇望する、なんとも悲しいケイティはどうなっちゃうの?って見守りたくなります。

かなりシビアな作品だと思います。だけど父の愛は無償で無限で、そんな愛を知ったら他人の男なんて足らないって感じるのも解る気がするんだけどね…ちょっと病んでるのかな?!


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター