2015_10
02
(Fri)20:30

リトル・フィッシュ



ジャンル:ドラマ
原題:LITTLE FISH
製作年:2005年
公開情報 劇場未公開
製作国:オーストラリア
上映時間:114分
監督:ローワン・ウッズ
出演:ケイト・ブランシェット、サム・ニール、ヒューゴ・ウィービング、マーティン・ヘンダーソン、ノニ・ハズルハースト


レンタルビデオ店で働くトレイシーの夢は、この店の共同経営者になること。共同経営者になるための費用3万ドルを銀行から借りようとするが、かつてヘロイン中毒だった過去を知られ融資を断られてしまった。トレイシーの父親もまたヘロイン中毒だったが、容態が悪化しドラッグが必要となったことから、彼女はディーラーと接触し麻薬を入れるのだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
過去の過ち、家族の過ち…それを背負ってしまったために自分の希望がかなわない女性…軽はずみに手を出した事が一生付きまとうと言う教訓なのかも知れませんね。

トレシーは真面目に働き、店のオーナーと共同経営を希望、だけど上手く融資は受けれない・・・それは彼女の過去の犯罪が邪魔をしてた。今はまっとうなのに…
だけど母と離婚した父は薬中毒…パートーなは仕事から足を洗うと宣言され薬も渡せないと言われる…父親も断薬することに努力するけど…
そしてトレシーは元彼が帰国したことを知る。彼は薬を辞めトレーダーとして成功してると聞かされる。トレシーの夢は店を持つ事、そして父親が断薬してくれること。だけど元彼に心を動かされてしまう。そして銀行の融資も受けれず、全てが裏目に出てる状況に彼女なりに立ち向かうのだけど、父親の中毒の悪化、元彼の嘘…そこに麻薬が絡み、お金が絡む。

ラストは結局は何も掴めないでは?と言う展開とそして彼らは…次に進めるのだろうか?と言う不安定な気持ちで終る。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック