夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

バクマン。



ジャンル:ドラマ
製作年:2015年
初公開年月:2015/10/03
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:120分
監督:大根仁
原作:大場つぐみ
出演:佐藤健 神木隆之介 染谷将太 小松菜奈 桐谷健太 新井浩文 皆川猿時 宮藤官九郎 山田孝之
リリー・フランキー


“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そうぜ!”2人の高校生が抱いた壮大な夢。優れた絵の才能を持つ“サイコー”こと真城最高(佐藤健)と、巧みな物語を書く“シュージン”こと高木秋人(神木隆之介)。クラスメイトの亜豆美保(小松菜奈)への恋心をきっかけにコンビを組んだ2人は、人気漫画雑誌、週刊少年ジャンプの頂を目指す。編集者・服部(山田孝之)に見出され、次々に漫画を生み出してゆくた最高と秋人。だがその前に、ジャンプ編集部と新進気鋭のライバルたちが立ちはだかる。そして、突如現れ、遥か先を走り始めた若き天才漫画家・新妻エイジ(染谷将太)。果たして2人は、ジャンプの頂点に立つことができるのか?!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

09 バクマン。
試写会で鑑賞、原作は漫画です。集英社全面協力でしょうね。そして日本の出版業界って漫画で支えられてたのね?!って何となくは気が付いてたけど(-_-;)
テンポが良くって演出が斬新で面白かったです。
漫画家に憧れてる秋人は文才は何とかあるけど、絵の才能が全くない。同じクラスの最高は絵を書くのが好きで特にレッスンを受けた訳で無いのに才能がある。秋人はそんな最高に目を付け2人で漫画を書こうと誘う。最初は嫌がってた最高だけど好きな女の子、応援されて気合が入る。実は最高の亡き叔父が昔は漫画家だった、子供心に漫画家を目指してたけど叔父の急死に凹んでその夢も封印してたの。叔父の仕事場が残されてて二人はそこで漫画を描き上げる。
目指すはジャンプの掲載、そして連載を持つ事?!認められるまでを描くのか?と原作も読んでないからそう思ってたけど、割と早い段階で若い編集者に認められる。編集者のアドバイスで上達する二人は賞に入選、そこでライバルでもあるけど同じ漫画家を目指す人たちと知り合う。だけど同じ時代に居た不幸?天才漫画家として新進のエイジの存在は彼らにとって大きな壁だった。
エイジと言う存在は面白かったです。きっと引き籠ってずっと漫画描いてたんだろうね~相手の事を君やさん付けでは呼ばず、信心に対しても先生と呼んでました。エイジにとって漫画は生きるすべなのかも知れない。だから彼が2人に活を入れに来たときはちょっと違うものが見えました。

ジャンプ特有のトップ争いとか、編集者という仕事が常識を逸してる面白いと言うか大変な仕事だなぁ~。そして週刊誌の連載がめちゃくちゃ大変な事とかよく解りました。
ただただ漫画を描いてるシーンなんて面白くも無いけど演出が楽しかったのでちょっとワクワクしながら見れましたよ~秋人が新しいネームを思いついたシーンは少しお~ぉ!って思ったしね。

編集長が昔、叔父を担当してた編集者とか、大人な事情はそれくらいでした。だけど高校生なのに親の存在が全く出てないのがどうだろう?今回は全く削った事は正解かもね?!だって叔父の死因、息子も同じようになる!って思ったら母親は必至で阻止しようとするだろうし、テンポも崩れちゃうかな?

ヒロイン役の小松菜奈が清楚で可愛かったです。でも、彼女以外の出演者って男ばっかでした。
漫画の背表紙でのエンドクレジットが凄いアイデア。メチャ必死で見ました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー