天空の蜂



ジャンル:サスペンス
製作年:2015年
初公開年月:2015/09/12
製作国:日本
配給:松竹
上映時間:138分
監督:堤幸彦
原作:東野圭吾
『天空の蜂』(講談社文庫刊)
出演:江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛 國村隼 柄本明 光石研 佐藤二朗 やべきょうすけ
手塚とおる 松島花 石橋けい 前川泰之 松田悟志 森岡豊 カゴシマジロー竹中直人 落合モトキ 向井理 永瀬匡 石橋蓮司



1995年8月8日。その日、完成した最新鋭超巨大ヘリ“ビッグB”の自衛隊への引き渡しの日を迎え、開発者のヘリコプター設計士・湯原は妻子とともに式典に参加していた。すると突然、ビッグBが勝手に動き出し、息子の高彦を乗せたまま福井県にある原子力発電所“新陽”の真上でホバリングを始めた。ビッグBは、“天空の蜂”と名乗るテロリストによって遠隔操作でハイジャックされてしまったのだ。犯人は政府に対し“日本全土の原発破棄”を要求し、従わなければ、大量の爆発物を搭載したビッグBを原子炉に墜落させると宣言する。残された時間はヘリの燃料がなくなるまでのあと8時間。湯原は、同じ会社の同期で新陽を設計した三島と協力し、高彦の救出とビッグBの墜落阻止に全力を挙げるが…。

絶対、守り抜く――

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

09 天空の蜂


こちらも原発に対するテロで日本人としては本当に他人ごとじゃ無いですね~怖い!こちらは目に見えないだけど更に恐怖を感じたり、逆に部外者として逃げてしまいそうになったりもするのかも?!

ビッグBの技術者で開発者の湯原はお披露目の日に家族を伴って会場へ。だけど妻とも子供とも上手く関係を結べてない。別居の話しを息子が立ち聞きし、彼は拗ねてお披露目会場に提示してるヘリに乗り込んでしまう。
だけどそのヘリは遠隔操作でジャックされる事に…息子を乗せたまま(-_-;)だから子供って…って思っちゃうんですよね~なんでそんな事する?なんてね。

ヘリは原発の上でホバリングを始める。そして犯行声明が…それは日本中の原発の停止だった。
ヘリの燃料の限界は8時間、それぞれの男たちがそれぞれの角度で事件を解決しようと帆走する姿を描いてます。
原発に駆け付けた設計者二人に原発の設計者および原発の所長に警察官など…湯原はとにかく息子の救出を願う。それに対して犯人は救出の許可を譲歩する。危険な状況で自衛隊が救出に向かい何とか無事に助け出す。一方警察は犯人の操作に余念がない、会社で調べる刑事、原発反対者をしらみつぶしに捜査する刑事など、それぞれが懸命に捜査をし、それぞれが犯人に近づくのだけど、犯人は自ら死を選ぶ事に…だけど残された機器を手掛かりに何とか遠隔操作を止めようとする杯初者たち、そして犯行の主犯と知らずに協力してた人間など何故テロに向かったかを描く。
途中から主犯はこいつか?なんて思いましたが、何故?だったけど…やっぱりそこには家族の存在があったんですね。

原発反対!だけど電気は?暑い夏にクーラーなしで我慢できる?パソコン使えなくっても平気?なんとも悩ましい課題ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード