2015_09
15
(Tue)21:13

カリフォルニア・ダウン



ジャンル:パニック
原題:SAN ANDREAS
製作年:2015年
初公開年月:2015/09/12
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:114分
監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン カーラ・グギーノ アレクサンドラ・ダダリオ ヨアン・グリフィズ アーチー・パンジャビ ポール・ジアマッティ ヒューゴ・ジョンストーン=バート アート・パーキンソン ウィル・ユン・リー カイリー・ミノーグ コルトン・ヘインズ トッド・ウィリアムズ マット・ジェラルド マリッサ・ニートリング ブラッド・マクマレー


ロサンジェルスの消防局で救難ヘリのパイロットとして活躍するレイ・ゲインズ。仕事に追われるあまり家族を顧みず、いまや妻エマとの関係はすっかり冷え切ってしまっていた。そんなある日、ネバダ州で大地震が発生、レイも救助活動へと向かう。ところが今度は、カリフォルニア州を縦断する巨大なサンアンドレアス断層が動き、巨大地震が一帯を襲う。ちょうどLA上空を飛行中だったレイは、高層ビルに取り残されたエマを電話で屋上へと誘導し、間一髪で助け出す。さらに、最愛の娘ブレイクを救出するため、サンフランシスコへと急行するレイだったが…。

「娘を守りたい・・・」

その時父は、最強(ヒーロー)になる。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

09 カリフォルニア・ダウン

突込みどころはいっぱいあるけど迫力のあるシーンで忘れます。って言うかドキドキしながらきっと助かるんだろうと予想もあるけど、本当にハラハラしちゃうと言うか。そして根底には他人事じゃ無い…って感じが多々ありました。


冒頭ヘリで救助活動する消防士を取材する撮影クルー。彼らは戦争でもチームだったとチームワークの高さを描いてるけど活躍するのは隊長だけです。彼は別居してる娘を大学まで送って行く予定だったけど地震が発生し急遽呼び出しを受ける。父親の仕事を理解してる娘は特に責める事も無く送り出す。そして母の新しい恋人に送ってもらう事に…まずは彼の仕事場に向かう娘はそこで面接を待ってる男性と出会いその弟とも仲良くなる。彼らは面接後に二人で観光する予定だった。
そんな時に大きな地震が起こる!運悪く娘は地下駐車場で車に閉じ込められてしまう。一緒だった母親の恋人は一人逃げ出すけど、仲良くなった兄弟が助けに来てくれる。
一方、父親はヘリを修理に持って行くために一人で上空に居たけど、元妻からヘルプの電話に救出に向かう。あわやビルが崩壊する寸前に助け出され二人で娘の所へ向かう事に…
救助に向かう二人と娘と兄弟たちの話しです。地震の様子がリアルで津波も怖くって…だけどその程度か?なんて思う事もあったりもしましたが…とにかく大震災のさなかの家族の話しでした。迫力満点だけど…日本人には他人ごとじゃ無く結構、辛いかも知れません。
自然災害には勝てないけど…人はまた復興し文明を築きあげる…そうするしか無いような気もするし、そうするために存在してるのかも?!なんて言うのは人間の驕りでしょうか?

エンドクレジットに流れるのが「夢のカリフォルニア」でしたが、最初、アレンジでよく解らなかった~でも、解った瞬間、メチャ懐かしかったです。

«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック