2015_09
05
(Sat)21:04

悼む人



ジャンル:ドラマ
製作年:2015年
初公開年月:2015/02/14
製作国:日本
配給:東映
上映時間:138分
監督:堤幸彦
原作:天童荒太
『悼む人』(文春文庫刊)
出演:高良健吾 、 石田ゆり子 、 井浦新 、 貫地谷しほり 、 山本裕典 、 眞島秀和 、 大後寿々花 、 佐戸井けん太 、 甲本雅裕 、 堂珍嘉邦



不慮の死を遂げた見知らぬ人々を<悼む>ために全国を旅する坂築静人。彼の<悼む>とは、死者が生前、誰に愛され、誰を愛したかといったことを調べ、亡くなった現場で彼なりの儀式を行うことだった。そんな静人と出会った雑誌記者の蒔野抗太郎は、彼の真意が分からず取材を始める。さらに、夫を殺めた過去を持つ女性・奈義倖世が静人の旅に同行するようになる。そんな中、静人の実家では、末期ガンで闘病中の母・巡子を心配する家族が静人の帰りを願っていたが…。

あなたは思い出す。誰に愛され、誰を愛していたのか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
やみくもに悼んでます。記事で見かけた殺人事件の後や事故のあった後、あるいは誰かに悼んで欲しいと頼まれた場所で静かに祈るように悼む静人。彼に関わるゴシップ記者や一緒について歩く女、そして静人の家族を描いてますが…本人が病気だと言ってるように彼は病んでます。死を意識した息子の静人に母は暗示をかけたのかも?!そして生きてくれてたらきっと道は開けると信じたのかも?!そして静人に関わる人々も心が少し癒えたのかもしれないですね。
その母も病に侵されるけど残された人生を自宅で過ごそうとする。父は寡黙でまた心に傷を持つけど妻をただただ愛してる。妹は…不幸にも静人の事がきっかけで破談になるが特に恨まず、そしてお腹の子を産む決心をする。
静人に付きまとう女は自分が殺した夫がいまだに付きまとう。そして真実が語られるがなんだか壮絶で理解が出来ない~だけど静人にとっては道を開いてくれる女性だった事は間違いないかもね?!
死んだ人を覚えてると言う事はその人はまだ死んで居ないって事かも知れない。ただただ悼む…これは思っても難しい事なのかも知れません。特に被害者としての死なら・・・

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック