夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

パーフェクト・メモリー



ジャンル:サスペンス
原題:AMNESIAC
製作年:2015年
公開情報:劇場未公開
製作国:アメリカ
上映時間:84分
監督:マイケル・ポーリッシュ
出演:イト・ボスワース 、 ウェス・ベントリー 、 オリヴィア・ローズ・キーガン 、 シャショウニー・ホール 、 パトリック・ボーショー


自動車事故による昏睡状態から目を覚ました男。
見覚えのない部屋のベッドに横たわり、記憶を辿るも何が起こったのかまったく思い出せない。
ベッドの横には自分の妻だと名乗る美しい女。
献身的に看護してくれる女の話を鵜呑みにする男。
しかし、身体が回復するにつれ、男の記憶が次第に蘇る。
車の中、運転する自分、助手席に座る妻、そして後部座席には自分の娘と思われる少女―。
だが、家の中のどこにも娘の姿はない。妻は二人に娘などいないと言う。
それでも外部の人間を追い払うなどの妻の不可解な行動に対して、徐々に自分の記憶を疑い始めた男。
この女は本当に妻なのか?娘はどこにいるのか?果たしてこの記憶は本物なのか?
家の中を捜索し始めた男は、衝撃の真実を目の当たりにする―。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

意外とって言うのは失礼なのかしら?面白かったです。

冒頭、夫婦と後ろに乗った娘。そして突然の事故?!
昏睡状態から目覚めた男に妻だと言う女が優しく声を掛ける。だけど男は記憶障害を起こしてるのか?妻の顔に見覚えも無い、自分の名前すら思いだせない、そして家も見覚えが全くない?!
それでも妻だと名乗る女に介護され少しずつ回復して家の中を歩けるようになる。それと同時に記憶の中に見え隠れする少女…だけどその少女の姿は家には無い…狩った覚えのない猫、間取りすら解らない家…男は不審に思いながら記憶を取り戻そうとする。

一方、警察に告げられる報告、少女の誘拐、無人の事故車、行方不明の郵便配達員、そして調査に行った婦人警官…これらが最後に結びつく。

そして少し回復した男はどうも妻を信用できない?よって家の中をウロウロする。猫について行くと地下室へ辿りつき、そこにはさまざまな医療器具が?そして男の死体?!
帰って来た妻に問いただしたら監禁されてしまった。そして試みられる洗脳…とにかく凄い!電気ショックにあわや外科手術まで?間一髪だったけど・・・
逃げ出そうとする男だけど記憶の奥に出てくる少女も監禁されてた!それを盾に女は男を拘束する。そして女の目的はただただ家族を作る事?子供を得る事、妊娠する事の一点なんだけどね~狂気じみてます。それに伴い犠牲になる郵便配達員に女性警官?だけど監禁されてる少女には勇気があった。何度かの失敗の後、脱走に成功。警官に保護、拘束されてる男も助け出されて…
今度は病院で目覚めた男、警察が説明する彼の正体は驚愕!だけどそれも本当の正体か定かでは無く、そして深い眠りにつく…あの女の手によって(-_-;)
女は怖い~そして記憶とは何とも曖昧なものですね。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー