S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE


ジャンル:アクション
製作年:2015年
初公開年月:2015/08/29
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:120分
監督:平野俊一
原作:小森陽一
(作)『S -最後の警官-』(小学館『ビッグコミック』連載)
出演:向井理 綾野剛 新垣結衣 吹石一恵 青木崇高 池内博之 平山浩行 高橋努 平山祐介 本宮泰風 淵上泰史 本田博太郎 朝加真由美 菅原大吉 土屋アンナ 辰巳琢郎 高嶋政宏 近藤正臣(特別出演)オダギリジョー 大森南朋


ある日、突如、バスジャック事件が発生し、神御蔵一號らNPSのメンバーが現場へ急行する。しかし、やがてメンバーは現場の状況に違和感を抱き始める。そんな中、太平洋沖で巨大タンカーが何者かによって乗っ取られる事件が起こる。積まれていたのは日本全土を崩壊させてしまうほど大量のプルトニウムだった。全閣僚が緊急招集され、対策を協議する中、ハイジャック犯からの電話が入る。その声の主は、神御蔵と蘇我の因縁の相手、正木圭吾だった。

その手で守るのは、
1億2000万人の未来。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

08 S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE


ドラマ見てませんでした。最近、再放送してるようですが…1度は見たけど継続して見てなくって(^^ゞでも、まぁ解ります。人間関係もそれなりに?元ネタが漫画だそうですが原作も未見です。
えっと・・・NPSと言う組織の説明があるので位置関係と言うか何となく解ります。
殺さず捕獲が表にあるようですね~うん、実に日本らしいと思いました。

冒頭のシークエンスは訓練でした。しかも色んな組織の合同訓令でこれがラストに生きます。
プルトニウムを積んだ船がテロリストによってジャックされた。手を出されないように地上ではスクールバスがジャックされ人質に…犯人はNPSとは、特に神御蔵とは因縁のある正木と言う男だった。仕掛けたのは元政治家?だけど仕掛けた本人の手から離れ正木は日本に対して警告を迫る事になる…それを阻止し船を奪還すると言う話です。

テロリストのM事正木はオダギリジョーが演じてて良い感じでしたが、もう少し非道になるとか、もう少し悲しみと苦痛の過去を抱えてるとか、イマイチ深みが無くって残念。

ご都合よく進むのは娯楽映画としては王道ですが、最後の決着は男同士の喧嘩なのがう~ん・・・でした(笑)日本を壊滅に追い込もうとしてたテロリスト相手に好敵手な印象で喧嘩により意思の疎通?みたいな独特な男の世界は必要だった?
意外と土屋アンナがこういう役でも良いのか~なんて好感でした。

ラストは日本を守るべき人たちが協力してテロリストに挑みます。被害者が出たかは不明でしたが主要人物は皆、無事なようでした?全く違うけど神御蔵は幼馴染の彼女とは結論が出たようですが…

自衛隊全面協力らしく迫力はあり、スケールも大きく娯楽作品としてはドラマ→映画にしては楽しめると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード