2015_08
15
(Sat)16:44

君が生きた証



ジャンル:ドラマ
原題:RUDDERLESS
製作年:2014年
初公開年月:2015/02/21
製作国:アメリカ
配給:ファントム・フィルム
上映時間:105分
監督:ウィリアム・H・メイシー
出演:ビリー・クラダップ、アントン・イェルチン、フェリシティ・ハフマン、セレーナ・ゴメス、ローレンス・フィッシュバーン、ジェイミー・チャン


やり手のエリート広告マン、サムは、大学で起きた銃乱射事件で息子ジョシュを失う。ショックから自暴自棄となり、隠遁生活を送るサム。2年後、そんな彼にもとに別れた妻が現われ、生前にジョシュが書きためていた自作曲のデモCDを手渡す。曲を聴き、自分が息子のことを何も知らなかったことを痛感するサム。そして自らギターを弾き、ジョシュの遺した曲を歌い始める。ある時、彼は場末のライブバーで飛び入りで弾き語りを披露する。すると、それを聴いていた青年クエンティンに熱心に口説かれ、2人でバンド“ラダーレス”を結成することに。クエンティンはサムが披露する曲を彼の自作と思い込み次々とバンドのレパートリーに加え、ラダーレスは次第に人気を獲得していくが…。

俺は息子のことを
どれだけ知っていただろうか――


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
大学での乱射事件を題材にした作品ですが、視点が事件に関わった学生の父親です。
息子は大学の寮生活、作曲活動に勤しむも何かと邪魔が入る環境にいら立ってる?!そして授業に向かおうとしたら父親から誘いの電話、だけど彼は授業の方を選択する。そしてエリートサラリーマンの父親は大きな仕事が成功してご機嫌。息子と飯を食おうと電話するけど、すっぽかされちゃう。諦めて帰ろうとした時に店のテレビが映し出す、息子が通う大学での事件…
息子の死を受け止めれない父親サムを報道カメラマンが追う…サムは自暴自棄になり2年後には仕事も捨て豪華な邸宅も無くしボート生活。大工仕事で身銭を稼ぎ何かから逃げるように暮すサムの元に元妻が家を売るためにサインを求めに来て息子の遺品を置いて行く。受け取りを拒否するサムだけど息子の残した日記や作詞ノートそして録音したCDやギターを見て何も知らなかったことに気が付く。そしてギターの練習を始め息子の残した歌を歌い始める。
それを誰かに聞いて欲しいと思ったのか?それとも誰かの前で吐き出したいと思ったのか?飛び入り参加OKのバーで披露する。客は誰も聞いてない…そんな中でサムの曲に耳を傾ける若者が居た。若者クエンティンは曲に共感し、サムと一緒に歌いたいと…そしてまだ曲を作ってる筈だと…あけどサムは興味を示さない。それでも食い下がるクエンティンに負け二人はあのバーで披露する事に…そして二人に加わったドラム、更にベースまで加わり若者4人とオヤジのバンドは人気を得る。そしてサムは息子の曲だと言う事を隠し、更に大きな舞台では歌いたくないと言うのだけど…

サムの周りはせいぜい仕事仲間がいただけなのに、楽器店の店主、バーのマスター、そして若者たちと良い人が集まってくる。そしてやっと行けた息子の墓、その墓標にはいたずら書きがされてた…サムの息子は実は加害者だったんです!かなり衝撃でした~え?って感じ。それを踏まえて今までの展開を振り返ると納得する事が多々です。そしてその事実はバンドの若者たちにも知れる事になる…

だけど彼らの出会いは彼らの運命を変えどちらも前に進めそうな感じでラストを迎えるのにホッとしました。そしてサムの息子が書きかけの歌詞に自ら加筆して自分の立場をあかし歌う曲は涙を誘いました。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック