夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ダブリンの時計職人




ジャンル:ドラマ
原題:Parked
製作年:2010年
初公開年月:2014/03/29
製作国:アイルランド フィンランド
配給:アップリンク
上映時間:94分
監督:ダラ・バーン
出演:コルム・ミーニイ、コリン・モーガン、ミルカ・アフロス、スチュアート・グレアム



海辺の寂れた駐車場に停まる一台の車。そこに寝泊まりするのは元時計職人のフレッド。ロンドンで失業し、故郷ダブリンに戻ってきたものの、失業手当も受けられず、家も職もないまま途方に暮れていた。そんなある日、同じように車上生活を送るドラッグ中毒の青年カハルがやって来て“隣人”となる。フレッドはカハルに連れられ、市営プールを訪れる。するとそこで思いがけず、ヘルシンキ出身の未亡人ピアノ教師ジュールスに一目惚れしてしまうフレッドだったが…。

止まった時間を
もう一度
動かせたなら


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

年齢を超えた友情?人は一人ではやっぱり生きて行けないんだよね。
ロンドンで失業した中年?壮年のフレッドは故郷タブリンに戻って来たけど家も無く親戚も存在せず、全財産は車の中、そして海岸沿いの駐車場に停め車中生活。だけど身支度は整えトイレで体も吹き、生活はきっちりすてるんだけど、住所地不明で失業保険が降りない…どこの国の支援も融通が利かないと言うか(-_-;)

不安定だけど安定した?生活をしてたフレッドの駐車場に1台の車が停まり、若者が乗ってた…なんと彼も車中生活者。だけど今どきの若者でドラックの中毒で…あまりお近づきになりたくない感じなんだけど、若者カハルは人懐こくって割と良い奴だったりするんですね~そしてカハルの出現でフレッドの生活が変わり浮浪者だと言う卑屈さも消えて行くような感じなんです。安くで通えるスポーツセンターを教えてもらいシャワーは確保、そこで素敵な女性とも知り合ってなんだか元気になって行っちゃってます。それと対比するかのようにカハルは弱って行くと言うか顔色も青白くなって行く…まぁドラッグのせいなんだけどね~しかも売人とトラブルも抱えてるようで(-_-;)
だけどカハルはフレッドに気を許していくと言うか、彼は父親に追い出されてしまった感じでフレッドに父を重ねてたのかしら?そしてカハルの人生はひょっとしてフレッドのためだったのか?なんて思ったりもしました。フレッドは間違いなく救われた…それを伝えにカハルの父親に会いに行くところは涙しました。カハルが大事にしてた時計を自ら直し、カハルはよい青年だったと伝えフレッドは新しい生活を始める。
カハルの孤独、フレッドの孤独、そしてスポーツセンターで出会う未亡人の孤独…
人は誰かと繋がらないと心の隙間は埋めれない…

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター