夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ポゼッション



ジャンル: ホラー
原題: THE POSSESSION
製作年: 2012年
初公開年月: 2013/05/25
製作国 :アメリカ= カナダ
配給: ブロードメディア・スタジオ
上映時間: 92分
監督: オーレ・ボールネダル
出演:ジェフリー・ディーン・モーガン、キーラ・セジウィック、ナターシャ・カリス、グラント・ショウ、ナナ・グベウォニョ、ジェイ・ブラゾー、アイリス・クイン、マティスヤフ、マディソン・ダヴェンポート、グラント・ショウ


所有者に災いをもたらす木箱としてアメリカのオークション・サイトで大きな話題となった“ディビュークの箱”をモチーフに、ガレージセールで古い木箱を手に入れた少女とその家族に訪れる戦慄の恐怖を描く。監督は「モルグ」のオーレ・ボールネダル。妻と離婚したばかりのクライドは、2人の娘たちと週末だけしか一緒に過ごすことができなかった。そんなある日、次女エミリーがガレージセールでアンティークの木箱を気に入り購入する。以来、エミリーはその箱にすっかり夢中になってしまい、時を同じくして人が変わったように暴力的になっていく。原因を調べ始めたクライドは、やがてその箱に秘められた衝撃の事実を知るのだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スプラッタは相変らず苦手なんだけど最近、ホラーも見れちゃいます。悪魔憑きの話しは割と好きな方かも~そして今作、かなりオーソドックスな悪魔憑きのお話しでした。

アンティークな木箱を前に夫人は恐怖し戸惑う。そして意を決したようにハンマーで壊そうとした瞬間…
場面は変わってバスケのコーチは元妻の元へ娘2人を迎えに来る。そして週末はハンナとエミリーの二人の娘と新しい家で過ごす。偶然に見たガレージセールでエミリーはあの箱に惹かれ手に取ってしまいそして父の家へ…父親に開けて欲しいと頼むけど隙間が無く工具を使っても開かないと言われるが、エミリーはその箱に執着。そしてある夜、箱は偶然に開かれてします。中に入ってたのは一見ガラクタ、だけどエミリーの箱に対する執着は強くなり、更に言動がおかしくなって行く。だけどそれに気が付くのは父親だけ…学校でも暴力を振るってしまうエミリーだけど両親が離婚したせいで情緒不安定などと言われる。母親も気づかず…しかも父親を疑いヒステリックになる。だけど父親は別の事を疑い始める。
箱を捨ててしまったりするけどエミリーは見つけ出す。そして言動はますますおかしくなり…
父親はユダヤ教の教会に助けを求める…だけど年長者は関わろうとせず、若い神父が手助けをしてくれることに…その頃、母親も娘の異常に気が付き病院へ連れて行くが、医師では直せないと悟り途方に暮れるがそこへ父親が現れ悪魔祓いをする事に…

ラストもオーソドックスでした。結局は悪魔の意志の方が勝つのか?なんて思いますね・・・

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター