夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

あん



ジャンル: ドラマ
製作年: 2015年
初公開年月: 2015/05/30
製作国: 日本 フランス ドイツ
配給: エレファントハウス
上映時間: 113分
監督: 河瀬直美
原作: ドリアン助川
『あん』(ポプラ社刊)
出演: 樹木希林 永瀬正敏 内田伽羅 市原悦子 水野美紀 太賀 兼松若人 浅田美代子 竹内海羽 高橋咲樹


町の小さなどら焼き屋“どら春”で雇われ店長をしているワケありの中年男、千太郎。単調な毎日を送る彼の前に、ある日、求人募集の張り紙を見て働かせてほしいと申し出る老女、徳江が現われる。彼女の粒あんが絶品だったことから雇ってみたところ、たちまち評判となり、店はみるみる繁盛していくが…。

やり残したことは、
ありませんか?


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


07 あん

タイトルが気になって…ポスターを見ると餡???調べるとハンセン病の話しらしい?友人からずいぶん前に我が家の近くのシネコンで上映があると聞かされ一緒に見に行く約束をして本日鑑賞。
半端な上映開始時間だったからか?金曜日より空いてる?まぁ駐車場はいっぱいだったけどね。

小さなドア焼き屋のお店。そこの店長は何も楽しみが無さそうで淡々と仕事をしてる…適度に客も付いてて細々と営業してる感じ…訳ありの中学生も通ってるけど?最初は離婚して自分の娘?なんて思ったけど違った。母子家庭で中学生のワカナは母に高校へ行く意味を問われてる?どら焼きの失敗したのを持ち帰ってるので経済的に恵まれていないのであろう事が解る。
そんな小さな店に張り出したアルバイト募集に応募してきたのは76歳の徳江だった…やんわりと断る店長だけど、徳江は自分で煮た餡を持って来て売り込み。その餡の味が気に入って店長は雇い入れる。だけど仕込は夜が明ける前から・・・小豆から丁寧に煮込み餡になって行く様子は少し鳥肌が立ちました。その餡のお蔭で店は少しづつ繁盛する…だけど店のオーナーが徳江の事を聞きつけライ病患者だと言い解雇するようにと言うのだけど…
店長も訳あり、それはお酒に関わるんだけど、彼がヘコムと直ぐに酒に手がいってたので解りやすい?!

風評被害は怖いですね~結局は行列まで出来たのに客離れしてしまう。徳江は察し店には来なくなる…どうしてよいのか解らない店長はワカナに即され徳江に会いに行くことに、そこで知った現実。そして店長は吹っ切れたように新しい試みを考え始めた矢先に…

徳江がやり残したことを試みたのだと思ったけど、それだけじゃ無く店長の切なさが彼女には伝わったんだね~ほっておけなくなった徳江の唯一の励ます方法だった?
全てを失くし生きてきた徳江のやり残しは誰かのためになる事だったのかも…
病気をテーマとして扱ってるけどそこを深く掘り下げてる訳でも無く、かと言って楽観的でも無く…淡々としてるけど、人が接すると絆が生まれそれが癒しにもなるし新たな希望も与えられるのだと思いました。

ワカナちゃん、桜の下で制服を着てたので進学は出来たのかなぁ~そして違う桜の下でどら焼きを売る店長のどら焼きを売る呼びかけ…新しく進む道を…

どら焼きが食べたくなる。と言うか餡も含めて作って見たくなりました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター