07
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!
 リスボンに誘われて



ジャンル: ドラマ
原題: NIGHT TRAIN TO LISBON
製作年 :2012年
初公開年月: 2014/09/13
製作国: ドイツ スイス ポルトガル
配給: キノフィルムズ
上映時間: 111分
監督: ビレ・アウグスト
原作: パスカル・メルシエ
『リスボンへの夜行列車』(早川書房刊)
出演:ジェレミー・アイアンズ、メラニー・ロラン、マルティナ・ゲデック、トム・コートネイ、アウグスト・ディール、ブルーノ・ガンツ、レナ・オリン、クリストファー・リー、シャーロット・ランプリング


スイスの高校で古典文献学を教える教師ライムント・グレゴリウス。5年前に離婚して以来、孤独で単調な毎日を送っていた。ある日彼は、橋から飛び降りようとする女性を助ける。しかし彼女はすぐに行方をくらまし、ライムントは彼女が残した本に挟まれていたリスボン行きの切符を届けようと駅へ向かう。しかし女性の姿はなく、ライムントは衝動的に夜行列車に飛び乗ってしまう。そして車中でその本を読み心奪われたライムントは、リスボンに到着するや作者アマデウを訪ねる。しかし、アマデウは若くして亡くなっていた。やがて彼を知る人々を訪ね歩くライムントは、独裁政権下のポルトガルで反体制運動と情熱的な恋に揺れたアマデウの濃密な人生を明らかにしていくのだったが…。

ページをめくるたび、
人生が色鮮やかに輝いていく。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 *  分類 : レンタル
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2015年07月18日(Sat) 16時06分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード