2015_07
10
(Fri)20:31

ビリー・エリオット ミュージカルライブ ~リトル・ダンサー



ジャンル:舞台
原題: BILLY ELLIOT THE MUSICAL
製作年: 2014年
初公開年月: 2014/12/05
製作国 :イギリス
配給: 東宝東和
上映時間:189分
監督: スティーヴン・ダルドリー
演:エリオット・ハンナ ラシー・ヘンズホール デカ・ウォームズリー ザーク・アトキンソンリアム・ムーア


1984年、ストライキに揺れるイギリスの炭鉱町。11歳の少年ビリー・エリオットは、炭鉱夫の父と兄、そして祖母と4人で暮らしている。生活は決して豊かではない。まだ母の面影を追う息子に、父は強い人間になって欲しいとボクシング教室に通わせるが、なかなか上達しない。 そんなある日、偶然目にしたクラシック・バレエに興味を持ったビリーは、猛反対する父に内緒でバレエを習うようになる。彼の素質を見抜いたウィルキンソン先生の指導で、彼はどんどん上達していく。「ロイヤル・バレエ団で踊りたい」…息子の才能と夢を知った父は彼のために一大決心をする─。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
数年前?もう15年前ですね~ミニシアター系の作品で、関西で上映館が少なくって、それでも話題になって会社の人と見に行ったのを鮮明に覚えてます。一緒に行った同僚とはその後、付き合いはなんですけどね(-_-;)
「リトル・ダンサー」炭鉱閉鎖の時期に炭鉱の街で生まれた天才ダンサー。ラストの成長してからの舞台にいたく感動したことを覚えてます。
ストーリーを理解してたお蔭で歌やダンスを集中して見れて良かったです。ミュージカルの舞台を撮影した作品です。

サッチャー政権下、廃炉の運命を持った炭鉱、労働者の一部は抵抗しストを決行、だけどお金に困ってる労働者はストをせず仕事に向かう。
11歳の少年ビリーの父親と兄はプライドを持ってストを決行してる派閥だった。そんな事、11歳の彼には関係ないけど、父はビリーにも強くなってほしいと苦しい生活の中、ボクシングを習わせる。だけどビリーは余り行きたくない。そんな時、ボクシングの後に教室がバレエだった。居残りを命じられたジミーがバレエに出会う瞬間。そして彼は意外と踊ることが楽しいと感じ、そして才能が開花する。だけど父には理解できず、バレエの教師が好意で都会のバレエ学校に受験させようとしたけど、父や兄に反対されてします。そして踊ることも止めたビリーだけど、クリスマスの夜、一人無心で踊る彼を見て父は決断する。まずはお金…父親はストを止め働こうとするけど、仲間が看破してくれて受験費用を捻出。そして臨んだ受験はあまり上手くいかなかったけど、熱意を伝え合格するが、その通知が来た日は炭鉱の運命が決また日だった…躊躇するジミーを家族や仲間が送り出してくれる…

結構、長い作品なんですけどね~ダンスや親子の愛に感動し、寂れ行くであろう炭鉱の町に考えさせられます。ジミーはラッキーだったけど才能に恵まれてるのに埋もれて行く子供たちも大勢いたのかも?なんて思ったりします。
ミュージカルなので当然だけど、皆ダンスが素晴らしい!子供も大人も太った人もおばあさんも素晴しかったです。特におばあさんを演じてた人の年齢は解りませんが、顔はメイクでなんとでも、だけど足がとっても綺麗で♪意外と若い人だったのかも?ストーリーで目指すのがバレエなので、当然だけどバレエもたくさん見れてとっても感動しました。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック