2015_06
21
(Sun)20:13

リバウンド



ジャンル: コメディ
原題:REBOUND
製作国: アメリカ
製作年:2005年
公開情報: 劇場未公開
上映時間: 87分
監督: スティーヴ・カー
原作:ウィリアム・ウォルフ、エド・デクター、ジョン・J・ストラウス
出演:マーティン・ローレンス、ブレッキン・メイヤー、パトリック・ウォーバートン、スティーヴン・クリストファー・パーカー、オーレン・ウィリアムズ、ブレッキン・メイヤー、パトリック・ウォーバートン、ミーガン・ムラリー、ウェンディ・ラクエル・ロビンソン


バスケの名門大学でヘッドコーチを務めるロイ。彼はその尊大なキャラクターから、メディアやスポーツ番組で取り上げられるほど人気があった。だが傲慢さが行き過ぎたロイは、大学から解雇されてしまう。そこでロイのエージェントは、復帰する為に良い印象を与える戦略として、ロイの出身中学校でコーチをさせることに。しかし、そのチームは最近試合に勝ったことがないという弱小集団に成り下がっていた。始めはやる気のないロイだったが、次第に闘争心に燃えてチームを猛特訓。すると彼らはみるみる実力をつけ、大会を勝ち上がっていくのだが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ありがちなスポコン物ですが、こう言うのたま~に見たくなるんですよね。
元有名選手?今はバスケの名門大学のヘッドコーチを務めるロイはマスコミも注目する有名人。だけど尊大な態度と直ぐキレれる性格で傲慢が行き過ぎて大学を解雇されちゃう。だけどエージョンとが頑張って半年どっかのチームで真面目にコーチしてれば復帰できると言う条項を見つける。だけど・・・どの大学からもオファーはなく、唯一、出身校の中学から依頼が!しかも生徒が勝手に依頼。だけど良い印象を与えるチャンスと無料でコーチする事に…
だけどバスケクラブは弱小で何年もの間、1度も勝っておらず、今のメンバーは個性豊かで…最初は乗り気の無いロイだけど、試合に負けるのは自分の恥とささやかながら指導を始め、才能のありそうなメンバーをスカウトしたりと少しずつ生徒と関わり始める。彼の付け焼刃な作戦は意外と上手くいき、久々に一勝するのを起点にロイは生徒の個性を見極めつつ上手く指導し始める。そして弱小だったバスケ部はなんと州大会出場を果たすことに!だけどロイの活躍を見て大学側が戻ることを了承するのだけど…ロイが選ぶのは?!

目に見えてるラストなんですが、だからこそ良かった~って感じです。
やっぱり名声よりも一から指導し強くなり生徒たちの信頼を得る事の方が何倍も楽しいんだろうなぁ~なんて思います。そしてロイ自身もやっぱりバスケは上手いって事ですね。
ただ、生徒たちを鼓舞するのは本当に上手でした。元コーチの家庭科の先生の大活躍もあり良かったです。だけど家庭科なのに男性の教員って言うのも考えてみれば少し違和感あるのかも?!

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック