海街diary



ジャンル :ドラマ
製作年: 2015年
初公開年月: 2015/06/13
製作国: 日本
配給 :東宝=ギャガ
上映時間: 126分
監督: 是枝裕和
原作: 吉田秋生
『海街diary』(小学館『月刊フラワーズ』連載)
出演: 綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず 加瀬亮 鈴木亮平 池田貴史 坂口健太郎 前田旺志郎 キムラ緑子 樹木希林 リリー・フランキー 風吹ジュン 堤真一 大竹しのぶ


鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。父は不倫の末に15年前に家を出て行き、その後、母も再婚してしまい、今この家に住むのは3人だけ。ある日、その父の訃報が3人のもとに届く。父の不倫相手も既に他界しており、今は3人目の結婚相手と山形で暮らしていた。葬儀に参加した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う…

家族を捨てた父が、のこしてくれた家族

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

06 海街diary
ほんわか、まったりできる作品。ちょっと綺麗事過ぎちゃうかも知れないけどね。結構、泥沼な状況だったりするけど?!
末っ子で腹違いの妹が大人だからかも知れないけど?!そして三姉妹もちゃんと大人なんですね。(年齢的に当たり前なんだけど…)三姉妹は父が出て行った後、母も出て行き、教師だった祖父母にしっかり育ててもらったようでそれぞれが立派です。

離婚した父が亡くなったと連絡を受ける、出て行った後の妻は病気で亡くなったけど娘を一人儲けてた。そして現在の妻は幼い子供を連れ子して後妻に収まったけど父親は急死したようです。
全く血のつながりのない義母の元で暮らすすずを三姉妹の長女の幸は一緒に住もうと言う。彼女たちが遠慮し合いながらも一緒に暮らし、互いの悩みも抱えながらも少しずつ成長しそして本当の家族になっていく過程を描いてます。
みんないい子です。それはダメな父親だけどきっと優しさだけは引き継いだのかも知れませんね~
三姉妹の母もずいぶん許すまでに時間がかかってしまったようだけど、実の母だもん、きっと互いを思いやれるようになるだろうなぁ~そして三姉妹から四姉妹に成って互いに支えて生きて行くんだろうなぁ~って感じです。

それにしても喧嘩もするけど仲の良い姉妹で羨ましい。そしてちゃんと生活してる、手を抜かづ季節を感じ、かといって四角四面では無く柔軟にちゃんと生きてる感じが好感です。
古くって大きなお家、広い庭、坂道が大変そうだけど本当の意味で暮してる感じがしました。

原作は小説家と思ってたら漫画だったようで、原作の漫画家さん良い作品を書かれるようでちょっと読んでみたくなりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード